google an
Lesson3 メイクアップ
まゆ毛のラインを引くだけでは、時間が経つにつれマダラになります。薄く輪郭を作った後は、1本1本丁寧に書き込むこと。自然でムラのない美まゆに仕上がります。
まぶたにもファンデーションをしっかり塗ることでアイシャドーの発色とノリがよくなります。
基本は (1)→(2)→(3)へと濃い色を重ねる3層塗り。カラーは洋服の色と合わせるのがポイント!
白のハイライトを入れることで、目の骨格がはっきり浮き出し、ホリが深く見えます。
まつ毛とまつ毛の間を塗りつぶしてからラインを入れると、キレイな仕上がりに。目尻はめん棒の先をとがらせ、スーッと延ばします。
マスカラ時に、まつ毛がダマになりがちなのは、ホコリや化粧残りのパウダー、絡みが原因です。ビューラーでしっかりクセ付けした後に、筆で軽くまつ毛を整えましょう。  
マスカラ後にビューラーを使用するのは、不自然なまつ毛になるのでNG!  

カサカサやひび割れの唇は、老け顔の原因に。メイク前に薬用リップクリームをたっぷり付けておき、暫く放置し、その後にリップを乗せると艶やかで美しい唇になります。また、たっぷりのグロスでコーティングすることで色持ちがよくなります。

チークの基本は、骨格をシャープに見せること。鼻の下の平行なラインと黒目の真ん中から下に伸ばしたラインを結んだ、印の範囲が適切と言われ、耳の中心へ伸ばします。また、可愛い印象を作る場合は、印部分にまーるく円を描くようにピンクの色をのせると、ポッと赤くなった表情に♪
Lesson1 スキンケア≫
Lesson2 ベースメイク≫
プロが教える美しいメイク法TOPへ≫
上へ |下へ
ビューティー一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局