google an
京料理 たん熊北店 本店
昭和の初め、板前割烹の先駆けとして名を馳せた栗栖熊三郎。
『たん熊北店』3代目・栗栖正博さんはその孫として熱き心と技を受け継いできた。
写真は春の特別料理として供される「硯蓋」。山海の幸を選りすぐり、江戸時代の口取りとして宴の席を彩った「硯蓋」を甦らせた。春のご馳走といえば桜鯛の白子に桜の葉すし。土筆や菜花は芽吹きの香りに満ち、蛤の蒔絵に箔引きの貝蛤があでやかさを添える。豆腐や湯葉、味噌醤油は言うに及ばず、畑で育つ野菜から、漆器、陶器に至るまでその作り手と心を通わせ、今このときを描き出す。
包丁一筋、研ぎ澄ませた技と柔軟な感性で食通をうならせる「味の芸術」を堪能したい。

※情報は京都ナビ(http://www.kyoto-navi.com/)から配信されています。
施設データ
■名称
京料理 たん熊北店 本店
■カナ
タンクマキタミセ ホンテン
■住所
京都府京都市中京区西木屋町四条上紙屋町355番地
■TEL
075-221-6990
■TEL(FAX)
075-221-5490
■営業時間
12時〜L.O.14時/17時〜22時 L.O.20時半
■定休日
不定休
■駐車場

■座席
カウンター10名様/座敷6室(2〜25名様)2階貸切50名様
■交通情報
■アクセス
・阪急「河原町駅」下車 徒歩3分
・京阪「四条駅」下車 徒歩4分
アクセス
上へ |下へ
カフェ&ダイニング一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局