google an
上木屋町 幾松
桂小五郎と幾松の生きた幕末に思いを馳せ、京料理に舌鼓!

* このお店の情報を友達に教える
* お気に入りに登録する

桂小五郎(木戸孝允)と芸妓・幾松の寓居として長州藩控え屋敷の佇まいを受け継ぐ料理旅館。本館2棟は国の登録有形文化財に指定されている。木屋町の門をくぐり路地を進むと、往時にタイムスリップしたかのようだ。新撰組に何度も斬りこみをかけられた「幾松の部屋」には仕掛け天井や抜け穴があり、危険と背中合わせで暮らした二人の緊張感まで伝わってくる。選び抜かれた京野菜、近海産の魚貝など、旬の食材をふんだんに用いた本格的な京会席料理は、目にも鮮やかで滋味豊か。細やかで洗練されたサービスもうれしい。東山を望み、川風に吹かれ、涼味あふれる京料理を味わう川床は、五感を目覚めさせてくれる。

※情報は京都ナビ(http://www.kyoto-navi.com/)から配信されています。
施設データ
■名称
上木屋町 幾松
■カナ
カミキヤマチ イクマツ
■住所
京都府京都市中京区木屋町通御池上る
■TEL
075-231-1234
■営業時間
昼食11時半〜15時 L.O.13時半/夕食 17時半〜22時L.O.19時半
■駐車場
なし
■座席
〜140名様 座敷9室(2〜80名様 ※椅子席〜60名様)/納涼床〜100名様(椅子席〜80名様)
■交通情報
・地下鉄東西線「京都市役所前」下車 徒歩2分 (出口 B2)
・京阪「三条駅」下車 徒歩3分(出口  12番)
アクセス
上へ |下へ
カフェ&ダイニング一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局