google an
山ばな 平八茶屋
「麦飯とろろ汁」を名物とする『山ばな 平八茶屋』は、天正年間(1576年)に小浜へ抜ける若狭街道の茶屋として発祥した。?麦飯茶屋?と親しまれ、幕末には岩倉具視をはじめとする勤王の志士が集う場になった。築200年を超える母屋の柱には新撰組のつけた刀傷が残っている。夏目漱石が正岡子規と遊んだのは百数十年前のこと。子規を偲び、高浜虚子とともに再訪した時のことは、小説『虞美人草』に描かれている。高野川の畔、比叡山を望む洛北の地、騎牛門をくぐると約800坪の庭が拡がる。かま風呂を楽しみ、川音を耳に懐石料理をいただくのはまた格別。鄙(ひな)の風情にひたり、至福のひとときを過ごした人は数知れない。

※情報は京都ナビ(http://www.kyoto-navi.com/)から配信されています。
施設データ
■名称
山ばな 平八茶屋
■カナ
ヤマバナ ヘイハチヂャヤ
■住所
京都府京都市左京区山端川岸町8-1
■TEL
075-781-5008
■営業時間
11時半〜15時 (L.O.14時)
11時半〜21時半 (L.O.19時)
■定休日
水曜日
■駐車場
10台
■座席
〜170名様
座敷10室(2〜20名様)/広間 2室(20〜80名様)いす席可
■交通情報
・四条河原町より京都バス(八瀬大原行17,18、岩倉実相院行21、岩倉村松行41)約20分 「平八前」下車すぐ
・京都市営地下鉄(烏丸線) 「北山駅 (2番出口)」〜 タクシー 5分
・京都市営地下鉄(烏丸線) 「松ヶ崎駅」〜徒歩20分
・叡山電鉄 「修学院駅」〜 徒歩 5分
・JR京都駅〜タクシー30分
・名神(京都南IC、京都東IC)〜車45分
アクセス
上へ |下へ
カフェ&ダイニング一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局