google an
怖いけど見たいあなたに…
ひんやり度80



私は霊感が強く、よく幽霊などを見るのですが、あの日の体験だけは忘れられません。私の家は大変狭かったので、押入れの中で寝ていました。すると、いつものように金縛りに遭い、「あぁ、まただ」と思っていたのですが、その後、耳元でボソボソと女の人の声が聞こえたのです。気持ち悪いなと思いながら、心の中でお経を唱えると、今度は体の上に何かが乗ってくるのがわかりました。重くて苦しくて、必死にお経を唱え続けると、すっと体が軽くなりました。「あぁ、よかった」と思った瞬間、顔に女の人の髪の毛がバサっとかかり、耳元で「チッ」という舌打ちが聞こえたのです。その瞬間に金縛りが解け、飛び起きると枕元に長い髪の毛の束が落ちていました。



知人から聞いた話。ある日、昼に人身事故があった駅の近くを深夜歩いていた時のこと。ちょっと気味が悪いな、なんて思いながらも近道だったので、踏切待ちをしていると、駅から回送電車が出てくるのが見えたのです。なんとなく電車の方を見ると、誰も乗っていないはずなのに、1つの車両に人影が見えたのです。回送電車なのになんで人が乗っているんだろう…。そんなことを思っていると、その電車が自分の横を通り過ぎたのです。その時、見えたのです、1つの車両に血だらけの人が大勢乗っていたのを…。



必ず何か出ると噂される、かつて病院で今は廃屋となった建物できもだめしをした時のこと。現場についた途端、なんとも言えない恐怖に私は動けずにいました。しかし、友だちが「迷信だよ。俺があの窓から顔出して手を振ってやる」、そう言って中へ向かったのです。数分後、窓から手を振る姿が見え、やはり迷信なんだと思っていました。そのうち友だちが1階の出口から姿を見せました。私が「すごいね」と言うと、友だちは「実は入ってすぐに怖くなり、上まで行かずに引き返してきたんだ…」と。じゃあ、私が見たのは? と思い再度見上げると、かつて病院だった建物の窓という窓から私たちに向かって一斉に手を振る人たちの姿があったのです。

まずは手始めに…
ひんやり度20≫

ちょっぴり怖がりなあなたに…
ひんやり度50≫

怖いもの知らずのあなたに…
ひんやり度100≫

恐怖の怪談話44 TOPへ≫
上へ |下へ
エンターテイメント一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局