google an
朱花の月
明日、この日々が終わるとしたら 命焦がしても、あなたに逢いたかった

古代の記憶が宿る、万葉の地・飛鳥 ―――ここには“待つ”ことのなかで、その命をまっとうした人々がいた。遠い昔より、神々の宿る地とされている畝傍(うねび)山、香具(かぐ)山、耳成(みみなし)山――飛鳥地方にある“大和三山”は、今なお万葉の時代と変わらぬ姿を見せている。朱花という色に魅せられた染色家の加夜子(大島葉子)は、地元PR紙の編集者の哲也(明川哲也)と長年一緒に暮らしているが、かつての同級生で木工作家の拓未(こみずとうた)と、いつしか愛し合うようになっていた。幸せなときを過ごすふたりだったが、加夜子が身ごもったことを機に、平穏な日常に変化が訪れる。拓未からの“言葉”を期待する加夜子、小さな命の訪れを待ち焦がれる拓未。そして加夜子に気持ちを打ち明けられても、変わらぬ愛で向き合おうとする哲也。大和三山を男女になぞらえ「一人の女を二人の男が奪い合う」。幾多の万葉歌に詠われているように、それは今も昔も変わることはないのか……。
カンヌに見出された、河?直美監督の到達点―― 自然と融合する人間の儚さと美しさ――生きて、愛するという人間の営み。

劇場映画デビュー作『萌の朱雀』で97年のカメラドールを、そして10年後の2007年には『殯の森』でグランプリを受賞。世界中の映画人の注目を集めるカンヌという国際舞台で、その作家性を認められ、育まれてきた河?直美。文字通り“カンヌの申し子”である河?にとって、4度目のカンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作品となった『朱花の月』。
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、アキ・カウリスマキら、カンヌ常連の強豪作家が集結したなか、『朱花の月』は、「命の危うさ、自然と人間との融合が見事に描かれている」、「河?直美の到達点」と称賛され、公式上映後は鳴り止まぬスタンディングオベーションで迎えられた。たとえ歴史に記録されることはなくても、確かにその命をまっとうした――そんな名もなき人々の想いは、世界に届けられ、前作『玄牝-げんぴん-』に引き続き、自らカメラを回した河?は、いにしえの時を彷彿させる飛鳥の風景、そして“朱花”という色に秘められた強さと儚さを、濃密に16ミリフィルムに焼きつけていきました。
8/20(土)、21(日)には、東京国立博物館 平成館 大講堂にて公開記念トークイベントも開催。「日本の文化」「万葉集」「男女の関係性」をポイントに河?直美監督と8/20は樹木希林さん(役者)吉岡幸雄さん(染織史家)、8/21は里中満智子さん(マンガ家)、穂村弘さん(歌人)をお招きし、2日間語りつくします。
9/3(土)より渋谷ユーロスペース、TOHOシネマズ橿原にてロードショー他全国順次公開
■監督・脚本
河瀬直美
■撮影・編集
河瀬直美
■原案
坂東眞砂子
■音楽
ハシケン
■染アドバイザー
吉岡幸雄(染司よしおか)
■配給
組画
■配給協力・宣伝
東風
©『朱花の月』製作委員会
公式サイト:http://www.hanezu.com/index.html
応募
劇場鑑賞券2組を4名様にプレゼント!!
※ユーロスペースのみで使用出来る鑑賞券になります。
応募する>>
もっと詳しく見る>>
上へ |下へ
エンターテイメント一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局