google an
アーティスト
本年度アカデミー賞最多5部門受賞!白黒&サイレントで描き上げる、甘く切ない、感動の愛の物語―。


「21世紀につくられた事自体が奇跡!」とすら言われる”現代のモノクロ・サイレント映画”が、本年度アカデミー賞で作品賞他最多5部門を受賞!今、全世界を感動と興奮の渦に巻き込んでいる。
落ちぶれたサイレント映画スター・ジョージと人気新人女優ペピーの物語が描くのは、人生の困難、愛の力強さ、そして未来への希望―。セリフではなく、表情や仕草で語られる様々な想いは、私たちの胸に真っすぐに突き刺さり、とめどなく湧き出る感動が、気がつけば涙となって溢れ出す。そして、本作を語る上で忘れてはいけないのが、犬の名演とダンスシーンだ。劇中で、ジョージの愛犬役を務めているジャックラッセル・テリアの“アギー”は、犬のアカデミー賞と言われる、“金の首輪賞”で最優秀俳優犬賞を受賞!そのあまりの名演で、全世界をすっかり虜にしている。また、わずか2分程度の場面のために、俳優陣が4か月もの特訓を重ねたというタップダンスシーンも、私たちの心を軽快に弾ませ、映画というエンタテインメントの醍醐味を改め噛みしめさせてくれる。
時代の波に流され、全てを失ったサイレント映画スター。
希望を見失い、暗闇に閉ざされた彼の心を再び照らしたのは、一人の新人女優のひたむきな愛だった―。


物語の舞台は1927年のハリウッド。映画界屈指の大スター、ジョージ・バレンティンは、新人女優ペピーを見初め、人気女優へと導いていく。強く惹かれあう二人――。しかし、折しも映画産業はサイレントからトーキーへの移行期。サイレントに固執するジョージが没落していく一方で、ペピーはスターの座を駆け上がって行くこととなり…。
最新の映像技術が追い求められる現代において、監督ミシェル・アザナヴィシウスは、スクリーンに<映画の歓び>、すなわち<人生の歓び>を極めてシンプルに映し出した。本作では、CGや合成技術はおろか、色やセリフまでもが姿を消してしまっている。しかし、俳優の眉の動きが伝えるニヒルさ、視線で語る恋心、そして背中で魅せる哀愁など、私たちが頭ではなく心で感じ取ることのできる感情のエッセンスが溢れており、それが故に、本作は甘美でこの上なく美しい。古き良きハリウッドの黄金時代を舞台に、白黒&サイレントという手法で描き上げる、極上のラブストーリー。
4/7(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー他全国順次公開!
■出演
ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、アギー(犬)
■監督
ミシェル・アザナヴィシウス
■上映時間
1時間41分
■配給
ギャガ
公式サイト:http://artist.gaga.ne.jp/
応募
特製<ロマンティック>ポストカードセットを5名様に!
応募する>>
もっと詳しく見る>>
上へ |下へ
エンターテイメント一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局