google an
ユナイテッド−ミュンヘンの悲劇−
マンチェスターの魂は熱かった 1958年、突然の悲劇から復活を遂げた真実の物語


1958年2月5日、イングランド初のチャンピオンズカップ優勝を目指すマンチェスター・ユナイテッドは準々決勝に進出。対ユーゴスラビア戦で引き分けた翌日、帰国を急いでいた。自国サッカー協会から、国内のリーグを優先するよう警告を受けていたからだった。
2月6日、チャーター機による強行手段を選んだ一行は、給油のためミュンヘン・リーム空港に立ち寄る。給油後、大寒波の中2度の離陸を試みるがエンジントラブルで離陸中止。3度目で滑走路脇の民家に激突しプロペラ機は大破した。事故後、意識を取り戻したチームの中心選手ボビー・チャールトンは悲惨な光景に我が目を疑う。瀕死の仲間や監督を目の当たりにし、病院に搬送された後も現実を受け入れることができず、苦悩するのだった。

一方、遠征に同行せずマンチェスターにいたコーチのジミー・マーフィーは「マンU、飛行機事故」という最悪の報せを受ける。市民から遺族宛の義捐金や子供たちからお小遣いの寄付が届く中、更に「天才プレイヤーダンカン・エドワーズ死去」の悲しいニュースが報道された。主力8名を失い、理事会はチームの一時閉鎖を提案するが、ジミーは頑なにこれを拒んだ。「あの惨事には負けない!何があってもチームを再建する!」そして瀕死の重傷を負った監督に代わり、チーム再建に向けて動き出した。
香川真司選手移籍で話題のマンチェスター・ユナイテッドの知られざる過去が明らかに。


ボビー・チャールトン、エリック・カントナ、デイヴィッド・ベッカム……。数多の伝説的な選手を輩出してきたイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッド。英国史上もっとも成功を収めるビッグクラブがおよそ半世紀前に、クラブ消滅の危機となるチャーター機事故に見舞われた。本作は50年代の黄金期を支えたコーチ、ジミー・マーフィーが瀕死の重傷を負い長期間戦列を離れたバスビー監督に代わり、存続の危機にあったチームにありったけの情熱を注いで再建するまでを描く。その新チームを牽引するのは、のちにチーム歴代第1位の249ゴールという不滅の金字塔を打ち立てた至宝ボビー・チャールトン。大惨事のショックから不屈の精神で立ち上がる若き彼の姿が描かれます
7月7日より、シアターN渋谷、新宿K’s cinemaほか全国公開
■出演
デイヴィッド・テナント、ダグレイ・スコット、ジャック・オコンネル 他
■監督
デイヴィッド・テナント、ダグレイ・スコット、ジャック・オコンネル 他
■主題歌
ポール・ウェラー「Devotion」
■配給
ゴー・シネマ
©World Productions(United) Limited MMX1
公式サイト:http://united-movie.com/
応募
公募を終了致しました。
応募する>>
もっと詳しく見る>>
上へ |下へ
エンターテイメント一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局