google an
東京電機大学[学部・学科]
学科 建築学科
安全かつ快適な生活を支え、心安らぐ豊かな空間をつくり出すのが建築の役割。建築学科の教育は、そんな建築の未来を築いていくために、実践力を備え、国際的にも活躍できる設計者、技術者、研究者を養成することを目的としています。入学した学生は、高度な専門性を身につけるための完全習熟教育システムや、他学科と連携して行われる先端IT 技術を取り入れたカリキュラム、早期に仕事の現場を肌で感じる長期インターンシップなど、さまざまな角度から学びを展開し、そこから広く社会で通用する実践力と、豊かな表現力を身につけます。
学科 情報メディア学科
現代社会におけるわたしたちの生活は、さまざまな情報技術によって形作られています。コミュニケーションの形態から、学び、遊びの形態まで、情報技術によって新たな魅力を持った姿に変容しています。情報メディア学科ではメディア学とコンピュータサイエンスを融合し、デ
ザイン、表現、技術などさまざまな観点から情報とメディアへの理解を深めることで、高度情報化社会の基盤をしっかりと支え、次世代の技術を自ら生み出していくことのできる人材を育成します。
学科 ロボット・メカトロニクス学科
機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学などの専門知識をベースに、数学的なモデリング力とデザイン力を駆使することで実現される先端的なメカトロニクス技術。それを身につけたエンジニアは、科学、産業、環境などあらゆる分野において活躍することが可能となります。ロボット・メカトロニクス学科では、自在に動くロボットなどをつくり上げる実習や関連理論の講義・演習を通して、学生自身の知識と技術、豊かな創造性を養い、未来につながる知的システムを生み出せる技術者を育てます。
学科 電気電子工学科
電気電子システムコース | 電子光情報コース
◆電気電子システムコース
エコエネルギー、生体・情報システム、スマートシステム、エレクトロデバイスの4分野にわたる学びを展開し、産業界で広く活躍できる技術者を育成します。「環境・エネルギー」「人」「新機能デバイス」といった新しい視点で電気電子工学分野をとらえた独自の研究教育が行われる中、各自の興味に応じた科目を選択しながら最先端技術を体系的に学びます。変わりゆく時代の流れにも柔軟に対応できる人材となるよう、福祉等を含め人間の幸せそのものについて思いを巡らせることのできる、高い人間力を培うことも重視します。

◆電子光情報コース
私たちの身の回りは、パソコン、携帯、ブルーレイレコーダー、LED照明等の高度な製品に囲まれています。これらの基礎となる電子・光・情報技術を身につけた、社会に貢献できる人材の育成が本コースの目的です。最先端の技術を学ぶには、基本科目の習得が大切です。また将来、製品を企画立案し、開発のリーダーとして活躍するには、幅広い技術を俯瞰し、全体像を把握することも必要ですし、さらに調査能力や国際感覚といった就業力も欠かせません。本コースは建学の精神(実学尊重、学生第一主義、教育最優先主義)に基づき教育・研究を行います。
学科 環境化学科
資源の枯渇や地球温暖化、オゾン層破壊など地球規模での環境問題に対し、環境を意識した技術の発展と地球環境に貢献できる技術者が求められています。環境化学科はこうしたニーズに応えるために、化学と生物を基盤とする新しい技術の研究・教育を目標に掲げています。「環境化学」「機能性高分子」「生物工学」「環境材料工学」の4部門を柱とし、実験を通して実践的な技術力を養成します。
学科 機械工学科
機械工学コース | 先端機械コース
◆機械工学コース
機械工学コースでは機械工学技術者に求められる、応用力に優れたジェネラリストの養成を目的としています。このために、機械工学の基礎となる材料・機械・流体・熱の4力学すべてをバランス良く配置しています。また、これらの理解及び新しい分野への展開に欠かせない基礎教育に特に重点を置いています。そして、卒業研究を必修として、基礎的知識の応用力、論理的思考力の養成を行っています。これにより、機械工学技術者の幅広い活躍の場において技術革新の激しい時代にも先端を切り開いて行ける技術者を養成します。

◆先端機械コース
現在では機械工学技術者が活躍する分野もナノテクノロジーから自動車・航空宇宙まで多岐にわたります。そのため従来の機械工学だけではなく、コンピュータ・情報、医用・人間工学などを学ぶことが求められています。先端機械コースでは機械工学の基礎である機械設計・加工・材料・熱流体から、革新的な先端機械の創出に必要なそれら学問までを学びます。これにより、これまでの機械工学分野に加えて、あらゆる分野で広く活躍できる新しい時代の機械工学技術者の育成を目指します。
学科 情報通信工学科
情報通信工学は、コンピュータを中心とする情報系技術と、ネットワークや光ファイバを始めとする通信系技術の両分野を広く網羅した学問分野。ユビキタスネットワーク(いつでも、どこでも、誰でも快適に利用できる)の実現に向けて、コンピュータや通信システム、およびそれらを結びつけるインターネットや光・無線通信、さらにホームページやテレビ電話とかかわりのある音響や画像の信号処理技術まで、幅広いカリキュラムを用意。産業界との交流も盛んに行われます。
学科 理学系
理学は工学などの分野において基礎であると同時に、それ自身が多くの研究対象をもつ分野。近代の自然科学は、自然の仕組みを解析し、理論的モデルを用いて表現、体系化することによって発展してきました。理学系にはそのような学問として「数学」「物理学」「化学」「数理情報学」があり、理学系には4つのコースが含まれます。問題の本質を捉えて解決できる人材の育成をめざしています。
学科 生命理工学系
環境問題や医療・福祉問題は21世紀の大きなテーマです。安全で快適な生活を維持するには、生命のもつ高度な機能の本質を理解した上で、生命の機能を学びこれを利用しながら、真に人類のためとなる理学・工学を融合したアプローチが求められています。生命理工学系では、理学や工学といった従来の枠組みを超えて新たな教育研究分野を構築。これからの人間社会の変化に対応できる柔軟な応用力を身につけた人材を育成することを目標としています。
学科 情報システムデザイン学系
情報システムデザイン学系は、情報、ネットワーク、コンピュータに関わる知識・技術を基盤として、人間、社会システムから文化、芸術、アミューズメントにいたるまで、幅広い分野の研究を行います。また、少人数の双方向科目、総合科目を多く配置。複雑化、高度化する社会環境と、情報システムや情報ネットワークとの関わりを考察できる能力、そして次代を担うにふさわしい表現能力を身につけることを重視した実践的教育を行っています。
学科 電子・機械工学系
欧米では、「工学とは人類に対する奉仕」と理解されています。無医村で活躍する医療用ロボット、高齢者をサポートする福祉用ロボットなども、奉仕の気持ちがあるからこそ生まれたものといえるでしょう。つまり工学技術者には、専門知識だけでなく、人間性も兼ね備えていることが求められるのです。電子・機械工学系は、自動車、ロボット、電子機器、医療機器、福祉機器などのものづくりを通して、高度な技術や知識とともに豊かな人間性を有した、21世紀の社会に貢献できる技術者の養成を目標としています。
学科 建築・都市環境学系
まちは住宅・駅・橋・道路・川・公園・樹木など、さまざまな要素でできています。それゆえにまちについて考えるときは、土木・環境・建築の総合的な知識が必要です。ところが現在の大学教育は、土木工学科や建築学科といった具合に専門分野が分かれており、まちのことを総合的に考えることが難しくなっています。本学の建築・都市環境学系は、これらの分野を総合的に学ぶことのできる教育内容を特長としています。
学科 情報環境学科
ネットワーク・コンピュータ工学コース | デジタル情報工学コース | 建築デザインコース | コミュニケーション工学コース
◆ネットワーク・コンピュータ工学コース
現代社会で重要な位置を占める「情報」を発信・受信するだけでなく、迅速な数値計算をもこなすコンピュータ。コンピュータを自在に操るプログラミング。そして無数のコンピュータを連携させるネットワーク。この3 つの技術を習得し、情報化社会を支える技術者となることをめざします。

◆デジタル情報工学コース
現象を的確に理解した上でつくりあげる“人の役に立つシステム”。人々の暮らしを豊かにする音響と画像システム。安心して暮らせる社会にする医用と福祉システム。これらのシステムを設計し、目に見える形で実現させる。デジタル情報と最先端技術を活用し、社会に貢献する有益なシステムの設計・開発を行える技術者を育成します。

◆建築デザインコース
デザインとは、さまざまな要素を組み合わせ、多くの条件を考えながらものを設計していくことです。私たちの住む建物や街を設計する「建築」は、デザインの代表例です。建物や街は実体のある空間ですが、コンピュータ・ネットワークの中にはバーチャルな空間があります。バーチャルな技術は建物・街やものづくりに活用されているだけでなく、現代の日常生活にさまざまな形で入り込んでいます。そこで、「建築デザインコース」では、リアルな環境をデザインする「建築」と、「バーチャル環境デザイン」を学びます。

◆コミュニケーション工学コース
わかりやすく使いやすいものづくりと、変化の激しい情報社会で人と人とをどう結びつけるかをテーマに学びます。インタフェースデザインやメディア処理などの工学的な学問と、人の心やコミュニケーションに関わる人文的な学問を、バランス良く身につけることができます。
学科 電気電子工学科
生活の基盤となる電気・電子を徹底して学ぶ

電気電子工学はすべての産業に関わる基幹分野であり、環境問題や福祉の発展にも寄与する重要な学問です。本学科では、エネルギーやエレクトロニクス、回路、制御システム、コンピュータ、電子材料など多岐にわたる科目を用意し、豊かな未来を創造できる有能な技術者を育成します。
学科 機械工学科
単なる知識を活用できる知識へと昇華

未来を切り開く先端技術と、そのベースとなる基礎知識を確実に習得。さらにそれらを応用、新技術の開発までを視野に入れた研究教育を展開していきます。低学年次から開始される豊富な実験・演習により、「もてる知識の使い方、いかし方」も身につけることができます。
学科 情報通信工学科
情報通信技術の発展を担う人材を育成

21世紀の科学技術の中で情報通信技術は中心的役割を担っており、その発展が大きく期待されています。本学科は情報系技術、通信系技術、情報メディア系技術の3 つを柱にカリキュラムを編成。「情報」について総合的に学ぶことで、学生の知力と意欲をさらに伸ばしていきます。
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]東京電機大学の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
スクール一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局