google an
国際医療福祉大学[生徒の声]
松本 嵩史さん
薬学部 薬学科

5年次では、薬局で11週、病院で11週の実務実習を行います

5年次では、薬局で11週、病院で11週の実務実習を行います。現場の空気に触れ、座学では学ぶことのできないことを体感。薬剤師としての責任感を目の当たりにし、身が引き締まりました。病院薬剤師を目指していますが、この実習がきっかけで薬局薬剤師の良いところにも気がつきました。いろいろな選択肢があるので、残りの学生生活でもう一度自分を見つめ直し、進むべき道を見つけたいと思います。

佐藤 雄基さん
保健医療学部 医療福祉・マネジメント学科(診療情報管理コース)

将来、病院・福祉施設の経営に直接携わって組織を運営し、専門スタッフのサポートをしたいと思っています

全国トップレベルの資格取得率と、就職内定率の高さに魅力を感じて受験しました。印象に残っている授業は2年次の「ゼミナール?」。1年次の「入門ゼミ」とは異なり、与えられたテーマについてディスカッションを行い、問題に対する自分たちの答えを出さなければいけません。知識はもちろん自分の考えを伝える能力も必要で、ゼミ生全員が一丸となって取り組みました。実習などを通して実務に必要な基礎知識を修得し、診療情報管理士の資格取得を目指して勉強しています。将来、病院・福祉施設の経営に直接携わって組織を運営し、専門スタッフのサポートをしたいと思っています。

岡田 悠さん
保健医療学部 医療福祉・マネジメント学科(精神保健福祉コース)

人の役に立つ精神保健福祉士になるのが夢です

中学の時に特別養護老人ホームでお手伝いをした際、「ありがとう」と言ってもらったことが嬉しく、将来、福祉関係の仕事がしたいと思いました。1年次では医療、福祉、マネジメントの基礎知識を学びました。私は精神保健福祉コースに行くと決めていましたが、決めていない人は1年次、自分は何を学びたいのかじっくり考えることができます。また、ボランティアサークルに入って、学童ボランティアで子どもたちの笑顔を見るたびに福祉の仕事の素晴らしさを感じています。人の役に立つ精神保健福祉士になるのが夢です。

熊川 将太さん
保健医療学部 放射線・情報科学科

医療現場の最前線で活躍されている先生方は、とても的確で分かりやすい授業をしてくれます

4年次は国家試験に向けて実力試験が7回も行われます。理解できていないことや苦手なところが分かるので勉強の方向性が明確になり、やる気がわいてきます。医療現場の最前線で活躍されている先生方は、とても的確で分かりやすい授業をしてくれますし、よく現場のエピソードなどを織り交ぜて話してくださるので、みんな集中して聞き入っています。将来は先生方のように目標とされる診療放射線技師になりたいです。

横田 実佳さん
保健医療学部 視機能療法学科

「チーム医療・チームケア」教育に力を入れていることが入学の決め手でした

視機能療法学科を設置する大学の中でも、全学科横断の「チーム医療・チームケア」教育に力を入れていることが入学の決め手でした。2年次の関連職種連携論では、各学科の学生がチームとなり、症例に対しどのように関われるかを話し合うことで、技術だけでなくコミュニケーションの大切さに気づくことができました。最新設備が揃っていて、先生方はいつも熱心に指導してくださいます。就職率や国家試験合格率の高い理由もわかってきました。この恵まれた環境で、私自身も成長できればと思います。

松本 ちなみさん
保健医療学部 言語聴覚学科

一人でも多くの方の力になりたいと、言語聴覚士を目指そうと決めました

中学生の時、「障害があることは不幸じゃなく不便なだけ」という言葉を本で読み、障害に対する考えが一変。一人でも多くの方の力になりたいと、言語聴覚士を目指そうと決めました。3年次になると、講義内容がぐんと専門的になります。実際に臨床で行う訓練方法を学びますが、実技のテストでは、合格ラインに達するまで何度もトライします。4年次での実習に向けて、自身のスキルアップが目標です。

白井 明日香さん
保健医療学部 作業療法学科

将来は患者さんの可能性を最大限に引き出すことができる作業療法士になりたいです

3年次は実際に活躍している作業療法士の方の治療・支援に至る考え方を学ぶ「課題実習」があります。実習先の指導者と大学の先生方が連携を図って学生の弱点を的確に見つけ、学生一人ひとりの理解が得られるまで親身に向き合ってくださいます。実習後は自分の成長を実感。「作業療法についてもっと学びたい」と思うようになりました。将来は患者さんの可能性を最大限に引き出すことができる作業療法士になりたいです。そして一人でも多くの方を笑顔にしたいです。

原 千尋さん
小田原保健医療学部 理学療法学科

将来は訪問リハビリテーションという形で、患者さんの日常により近いところで仕事をしたいと思っています

高校の頃、膝にケガをして入院した友人を見舞い、リハビリテーションの現場を見たのがこの仕事に興味を持ったきっかけです。将来は訪問リハビリテーションという形で、患者さんの日常により近いところで仕事をしたいと思っています。クラスはとてもアットホームで、同じ目標を持った仲間とともに学ぶのは大変心強いです。海外保健福祉事情の授業では、中国の病院で研修を体験。日本以外の医療の現場に触れることができ、とても勉強になりました。

森 拓也さん
小田原保健医療学部 看護学科

他学科との交流や先生との距離が近いのがこの大学の良さ

少人数なのでみんなが仲良く、先生との距離が近いのがこの大学の良さ。他学科の学生との交流も多く、現場に出る前から連携の取り方が身につくのがいいですね。3年から病棟実習が始まり、授業で学んだことを実践する機会が増えました。病棟で実際に患者さんと向き合うと、教室ではイメージできなかったことが実感できます。実習でさまざまな領域に触れたことがきっかけで、看護師としての将来を考えるようになった重要な1年でした。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]国際医療福祉大学の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局