google an
国際医療福祉大学[先輩の声]
美野田夏希
2011:卒業
言語聴覚士の仕事

言語聴覚士は、患者様の立場で物事を考えられる力、つまりは患者様を見る力が重要です。

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:言語聴覚士として、主に外来のお子さんたちに言語訓練、コミュニケーション訓練等を行っています。

Q:仕事でやりがいを感じる時は?

A:お子さんたちの成長を目の当たりにすることがとても楽しく、保護者の方と一緒に喜びを分かち合えることができるのがうれしいです。その中でも、「センターに来ることで、子どもが話すようになりました」と声をかけていただけると本当に幸せです。

Q:今後の抱負は?

A:言語聴覚士は、患者様の立場で物事を考えられる力、つまりは患者様を見る力が重要。知識だけでなく、目配りや気配り、そしてもっと良いリハビリテーションを提供したいという向上心が必要だと思います。これらを心に留め、これからももっと頑張っていきたいと思います。

林 香織
2010:卒業
作業療法士の仕事

作業療法には、コミュミケーションが本当に大切です。

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:大学の関連施設である国際医療福祉リハビリテーションセンターに勤務しています。生涯を持った子どもたちに対し、遊びを通した発達の促進や生活場面のリハビリテーションをしています。

Q:作業療法士の仕事はいかがですか?

A:実際に勤務をして感じたことは、作業療法のスキルはもちろんですが、コミュミケーションが本当に大切だということ。こちらが心から楽しまないと、子どもたちは敏感に感じ取ってしまい作業療法の提供がうまくいかなくなってしまうこともあります。

Q:今後の抱負は?

A:いつも笑顔を絶やさず子どもたちに接することを心がけています。作業療法士になって2年が経ちましたが、これからも子どもたちの笑顔を引き出せるように頑張っていきたいと思います。

菅野由香
2010:卒業
視能訓練士の仕事

目のスペシャリストとして眼科医療を支えます。

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:視能訓練士として視力および視野検査など眼科全般の検査を担当するほか、小児の斜視や弱視の検査も行っています。

Q:大学生活はいかがでしたか?

A:学生生活で忘れられないのは、病院での臨地実習。患者様と実際に接することで、視能訓練士という仕事をリアルに理解することができました。また、生涯にわたって付き合える友人とめぐり会えたことも私にはかけがえのない財産です。

Q:今後の抱負は?

A:人に優しく接することができる目のスペシャリストとして頑張ります。

鬼丸武士
2011:卒業
理学療法士の仕事

リハビリテーションには、患者様の気持ちを理解することが大事。

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:理学療法士として、さまざまな疾患の患者様の治療に携わっています。

Q:仕事をする上で心がけていることは?

A:理学療法士はリハビリテーションを提供するだけが仕事ではありません。良い医療を提供するためには、患者様の気持ちを理解しなければなりません。そのために何気ない会話を含め、患者様と接する時間のすべてを大切にするように心がけています。

Q:今後の抱負は?

A:理学療法士という仕事は大変責任の思い仕事ですが、毎日とても充実しており、私にとっては本当に楽しい仕事です。これからも自分に求められている役割をひとつひとつ果たせるように、患者様と向き合っていければと思っています。

山本泰子
2009:卒業
病院薬剤師の仕事

知識と経験を積んで、チーム医療を本格的に支える専門薬剤師になりたいと思っています。

Q:今はどんな仕事をしていますか

A:処方箋を確認しながら調剤したり服薬指導をする窓口業務などを行っています。

Q:病院薬剤師になろうと思ったきっかけは?

A:在学中の実習で入院している患者さんとふれあう機会がありました。病気をと闘う方に薬物治療で貢献したい、という気持ちが芽生えこの道を選びました。

Q:大学生活はいかがでしたか?

A:密度の濃い授業、病院や薬局での実習、卒業研究、茶道部の活動、アルバイト・・・本当に充実した大学生活でした。

古滝祥子
2010:卒業
看護師の仕事

仕事場では、あいさつを忘れず、相手を思いやる心をしっかり持ち、円満な人間関係を築くことを心がけています。

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:手術室担当の看護師として勤務しています。

Q:仕事で心がけていることは?

A:1日に何件も手術がある日も珍しくなく、また1件の手術に長時間を要する場合もあります。おのずと仲間の看護師たちとは家族以上に長く一緒に過ごすことになりますから、あいさつを忘れず、相手を思いやる心をしっかり持ち、円満な人間関係を築くことを心がけています。

Q:大学生活はいかがでしたか?

A:大学4年間の学びを通して、現在の仕事に役立つことをいろいろ学びました。看護学をはじめ医療福祉関連の多彩なカリキュラムがあり、学習できることは盛りだくさんでした。

酒井祐一
2009:卒業
診療放射線技師の仕事

卒業後も勉強の日々。でもそれがやりがいなんです。

Q:今はどんな仕事をしていますか?

A:レントゲン、CT、MRIといった医療画像を撮影する仕事です。

Q:医療機器は常に進化していますね。

A:そうなんです、だから常に最新の知識とそれに対する対応力が求められています。正直、大変なことなんですが、全ての患者さんに最新の治療を提供することにつながると思うとやりがいでもあります。

Q:やってて良かったな、と感じるときは?

A:自分の担当した患者さんが退院した時や、小さいお子さんが泣かずに検査を終えた時。更に経験を積んで、もっと自信を持って仕事を出来るようになりたいですね。

石坂哲弥
2009:卒業
介護福祉士の仕事

介護現場で社会福祉士の資格も活かしています

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:介護福祉士として特別養護老人ホームで働いています。

Q:仕事内容は?

A:介護全般はもちろん、入所者のケアプラン立案を行っています。プラン立案の際は、在学中に勉強した介護の理論や技術が大変役立っており、入所者の方々からも信頼を得られるようになりました。

Q:大学での学びが活かされているのですね。

A:大学では社会福祉士と介護福祉士のダブルライセンスを目指せるカリキュラムになっていて、実際、私も両方の資格を取得しました。両方取得したことにより、介護の仕事にも幅が出てくるようになりました。
※社会福祉士と精神保健福祉士のダブルライセンスも可能

和智 萌
2006:卒業
精神保健福祉士の仕事

精神保健福祉士は、患者様の心と生活を支える仕事です

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:地域に貢献したいという気持ちがあり、地元茨城の病院で、精神保健福祉士として働いています。

Q:精神保健福祉士の仕事はいかがですか?

A:患者様だけでなく、そのご家族や地域の関係機関からの相談にも対応し、互いに連携しながら支援を行っています。

Q:大学での学びは活かされていますか?

A:国際医療福祉大学の医療福祉・マネジメント学科では、1年次に「医療福祉」「マネジメント」に関する基礎知識を幅広く学びます。2年次から専門コースに分かれますが、大学での幅広い学びが日々の仕事に活かされています。

岩崎明弘
2007:卒業
社会福祉士の仕事

社会福祉士はいろいろな業務ができる資格です

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:社会福祉士として、市民の方々の生活福祉試験貸与制度の相談・審査・事務処理等を行っています。

Q:社会福祉士を目指した理由は?

A:以前から地元の方々の助けになりたいと考えてました。その夢がかないました。

Q:今後の抱負は?

A:社会福祉士は様々な業務に携わることができる資格です。これからもいろいろな方に出会い、自分のネットワークを広げられればと考えています。

深町 希
2005:卒業
診療情報管理士の仕事

診療情報管理士はコミュニケーション能力も必要です

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:診療情報管理士として、カルテや検査データの管理など多岐にわたる業務を担当しています。

Q:業務内容が幅広いのですね。

A:この仕事は他の医療関連職と関わることが多くあり、コミュニケーション能力の重要性を実感します。

Q:大学生活はいかがでしたか?

A:大学では資格取得はもちろん、良き仲間とたくさん出会えました。キャンパスライフを楽しみながら社会へ出る準備ができました。

上野宏文
2001:卒業
医療事務の仕事

医療経営のプロとして地域医療の発展に尽力

Q:今どんな仕事をしていますか?

A:事務部地域連携課に所属し、主に他の医療機関からの患者様の受け入れ調整などを担当しています。

Q:今後の抱負は?

A:医療経営のプロとして地域医療の発展に貢献したいと考えています。

Q:大学生活はいかがでしたか?

A:大学では、医療福祉のスキルを獲得できるのはもちろん、自分の可能性を発見できます。高校生のみなさんには、希望を抱いて進学して欲しいと思います。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]国際医療福祉大学の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局