google an
大阪歯科衛生士専門学校[生徒の声]
坂井 菜月


一人でも多くの人に、歯の大切さを知ってもらいたい!

私が歯科衛生士になろうと決めたのは、高校3年生の時です。進路に迷っていた時に、本校の卒業生でもある姉から、歯科衛生士の仕事の話を聞いて、仕事内容にとても魅力を感じました。大阪歯科衛生士専門学校を選んだ理由は、現場の第一線で働いている姉から学校のことや、勉強内容について、また他校よりもカリキュラムが実践的で優れていることを聞けたことが決め手でした。
入学して当初は、初めて聞く専門用語を理解するのに苦労し、家に帰ってからの復習は欠かせませんでした。勉強していくうちに、歯は全身の健康と深い関わりがあることを知りました。2年生になり、臨床実習で実際の患者さんに接したときは、学校でたくさん練習していたのに、毎日が緊張の連続でした。でも、色々な所で実習が出来たので、就職したときにこの実習はとても役に立つと思いました。学校では勉強だけではなく、交歓会や修学旅行など、行事がたくさんあり、とても楽しかったです。
最後の難関の国家試験に向けても、講師の先生方の補講や、教務の先生の少人数授業があったり、とても充実していました。
将来は、一人でも多くの人に歯の大切さを知ってもらい、一人でも多くの人の歯を歯周疾患にならないように予防したいと思っています。
高校生の皆さん、歯科衛生士になるための勉強や臨床実習は、大変なことも辛いこともあります。でも、それ以上に仲間と力を合わせて頑張ってきたことは、自分にとっても今後凄い力になると思います。皆さんが、3年後に国家試験に合格して、一緒に歯科衛生士として働けることを楽しみにしています。

植林 茜


同じ夢を持った仲間たちと、充実した学校生活を送っています

私が歯科衛生士になろうと決めたのは、高校2年の終わり頃でした。将来、人の役に立つような資格を持ちたいと考えていて、その中でも歯科衛生士は、歯科医院だけではなく、小学校での歯磨き指導など、活躍する場が沢山あって魅力的な仕事だと感じたからです。
大阪歯科衛生士専門学校を選んだのは、他校に比べて実習時間が多いことも理由の一つですが、口腔のことだけではなく、華道などの教養の授業もあり、人として成長できる学校だと思ったからです。
勉強は、口腔のことだけではなく、全身のことについて学ぶことも多く、その中で健康な体を保つためには、口腔内の環境を整えることが凄く大切なことであるということを知り、歯科衛生士の仕事は幅広い知識を必要とする仕事だと痛感しました。
実技の授業も沢山ありますが、実際に学生同士で行う相互実習では、器具の操作など、模型では出来ていたことが、実際に友達の口腔内に触れたときは緊張感で上手く出来なかったり、専門的な技術を身に付けることは、難しいことだと感じました。しかし、経験を重ねていくうちに、出来なかったことが少しでも上手くできたときは、すごく嬉しい気持ちになります。
将来は、自分が歯科衛生士であることに誇りを持てるような充実した、毎日を過ごしていきたいです。

風神 ひかる


歯科医院を「また行こう」と思ってもらえる場所にしたい!

高校1年生の時に、知り合いの人が歯科衛生士専門学校に通っていて、とても充実した学生生活を送っているのを見て、漠然と歯科衛生士って良いなと思いました。
高校3年生になって、進路だけではなく就職・自分の将来のことを考えた時に、国家資格を取ってやりがいのある仕事をしたいと思い、歯科衛生士について調べていくうちに、なりたいと思いました。
大阪歯科衛生士専門学校を選んだのは、他校と比べて求人が凄く多かったことと、大阪歯科大学の先生方から、直接講義を受けられるからです。
入学する前は、歯のことばかり勉強するのかと思っていましたが、全身のことを知らないと歯科診療も行えないことや、一見歯とは関係無さそうな教科が歯のことに繋がったときは、更に興味が湧きました。技術も勿論大事だけど、コミュニケーションを取ることの重要さが、色々な授業を受けていく中で、分かってきました。また、教科書を読んだだけでは分かりにくいことも、講師の先生が実体験を通して分かりやすく説明して下さいます。実技の授業は、先生のデモを見ていると自分もすぐに出来そうだと思ったけど、実際にやってみると全然上手く出来なくて、かなり苦労しました。でも、友達や先生が教えてくれて、練習するうちに出来るようになっていったのが、嬉しかったです。相互実習では、マネキンと違い凄く緊張して、十人十色の人の口に合わせて作業をするのがとても難しかったです。
卒業後は、患者さんの不安な気持ちに気付けて、疑問にもきちんと答えられて、知識も思いやりも技術もある、話し掛け易い歯科衛生士になって、歯科医院を「また行こう」と思ってもらえる場所にしたいです。

武澤 琴美


多くの人の歯周疾患を予防し、歯の大切さを知ってもらいたい!

私は、4年生大学に行っていたのですが、大学卒業を控えて、進路を考えていた時に、
国家資格を持っていることで、就職や再就職に有利だと考えて、高校生の時から興味のあった歯科衛生士になろうと決めました。
大阪歯科衛生士専門学校を選んだのは、学校見学に来た時に、学校の雰囲気や設備などを見て、国家試験のために勉強する環境が整っていると感じたからです。
入学する前は、まったく未知の授業についていけるかどうか心配でしたが、基礎知識から教えていただき、新しい知識が増えるたびに勉強が面白く感じました。
臨床実習では、最初はとても緊張して、毎日ついていくのに必死でしたが、だんだんと自分のできることが増え、患者さんと接するのが楽しいと思えるようになり、色々と経験することで、実践力が身に付きました。
勉強や、実習で辛い時もありましたが、クラスの全員が歯科衛生士という同じ夢を目指す仲間なので、励ましあって、頑張ってこられました。
卒業後は、十分な専門知識と技術を身に付けて、多くの人の歯周疾患を予防するとともに、歯の大切さを知ってもらえるようにしたいです。自分自身も、沢山の経験を積み、成長していきたいと思います。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局