google an
中央医療技術専門学校[生徒の声]
市川 美幸
診療放射線学科 夜間部2年

医療現場で働く母に感化され進路を決定!

アパレル企業で2年ほど働いていたのですが「このまま携わって将来どうなるのだろう?」と人生を見直したくなる時期がありました。そんな時に浮かんだのが長年看護師を続けている母の姿。子供の頃から大変な仕事のようだけど「やりがい」がありそうだなと感じていたので母に相談したら、今は女性の活躍が期待される診療放射線技師がよいのではと勧められて。国家資格をとって安定した環境で仕事を続けられる職業だと思い進学を決断しました。選んだ学校は最も伝統があるため中央医療に入学しました。

正田一勢
診療放射線学科 昼間部3年

国家資格を取得して、診療放射線技師の道へ

大学の法学部に在籍していた頃、リーマンショックに遭遇して就職難になり将来を再考。この先どんな時代になっても生涯誇りをもって続けられる仕事は医療系だと確信しました。医療職に就いている姉から話を聴いたり、調べているなかで診療放射線技師で身を立てることにピン!ときて。国家試験の合格率が高い中央医療に入って技師を目指すことが新たな指標になりました。文系と違い数学の授業が難しく大変でしたが、熱心に補講をしてくれる先生やクラスメイトの助手けのおかげで克服できました。大学のときと違いクラス全員のモチベーションが高いですね。放課後は超音波を使った研究をする部活で仲間と楽しみながら知識と実技を習得中です。

藤川恵司
診療放射線学科 夜間部2年

将来をみすえて ”大学編入” を真剣に考えています

今は病院で放射線科の助手をしながら夜は学校に通っています。この道を決めたきっかけは兄が中央医療の卒業生であること。大学病院に勤めながら時間を惜しまず研究し、技術学会で研究発表などしていて刺激を受けたことです。これから診療放射線の利用は治療に関わるポジションにもっと近くなると知り、将来性も感じています。
卒業後は大学への編入も考えています。授業は病気の症例を画像から解析する「診療画像技術学」など特に面白く探究心が深まります。夜間部4年は長いようで意外にも短いので今やっている事は全て将来につながると信じて未来を切り拓いていきたいですね。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]中央医療技術専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局