google an
四国医療専門学校[先輩の声]
多田 奈津美
2012:卒業
将来像が明確になった実習体験

作業療法学科卒業生

Q:就職先を選んだきっかけを教えてください。

A:2年生の早期体験実習で高松赤十字病院に行かせていただきました。初めての実習で何も分からない私を先生方は優しく指導していただきました。
また、この実習がきっかけで、急性期作業療法に興味を持ち、臨床実習でも2ヵ所の急性期病院に行かせていただきました。
学校の先生から高松赤十字病院から求人が来ていることを知らされ、自分の将来像を掴むきっかけとなったこの病院で働きたいと考えました。

Q:学校で勉強をしたなかで、就職活動中の「自信」につながったことがあれば、教えてください。

A:実習での患者様との関わりから、これから自分が患者様とどのように関わっていきたいのか、また将来目指す作業療法士像がしっかりと見えました。
だからこそ、面接時にも患者様を治療していくうえで重要だと思うことを自分の言葉で自信を持って伝えることができました。

Q:今後の抱負について聞かせてください。

A:入学時からの笑顔のステキな作業療法士になるという目標は今も変わっていません。しかし、実習中の経験で、その目標プラス患者様とその家族の気持ちをしっかりと感じ取る。そして、入院中の機能回復だけでなく、退院後の生活に対しての視点も忘れずに治療できる作業療法士になりたいです。

日之裏 修一
2012:卒業
指導の楽しさを知り、決めた就職

鍼灸学科1部(昼間部)卒業生

Q:就職先を選んだきっかけを教えてください。

A:授業のあと、勉強が苦手な仲間に勉強を教えているうちに、指導することの楽しさややりがいを感じるようになりました。
そこで、鍼灸師として勤務・研修をしながら、実習で学生にアドバイスもできる附属鍼灸治療院が最適だと思い、就職を希望しました。

Q:これからはどんな医療人になりたいですか?

A:患者様の訴えに耳を傾け、信頼される鍼灸師になりたいです。
患者様と共に歳を重ねていけたら最高ですね。

藤沢 千春
2012:卒業
自信につながった卒業論文

理学療法学科卒業生

Q:学校で勉強をしたなかで、就職活動中の「自信」につながったことがあれば、教えてください。

A:「これは臨床で自分の大きな武器になる」と思い、頑張って作成した卒業論文。4年間の集大成となるこの論文作成の経験が、就職を希望した病院を受ける際の自信にもつながりました。
就職先は、多くの論文を書かれ活躍されている憧れの先生が働いている病院。僕も理学療法士として、臨床の研究に力を入れていきたいです!

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]四国医療専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局