google an
東邦大学[学部・学科]
学科 医学科
(115名)
医学部は「良き医療人の育成」を教育目標に置き、付属3病院を有する恵まれた臨床教育環境の中で実践的な知識と技術を習得できるよう、特色のあるカリキュラムで対応している。また「病む人の痛み・つらさ」を思いやれる人間性を培うことも目標にしている。
■学費
初年度納付金 ・入 学 金 1,500,000円 ・授 業 料 2,500,000円 ・教育充実費 500,000円 ・施設設備費 300,000円 合 計 4,800,000円 初年度委託徴収金 ・学生教育研究災害傷害保険料 7,800円 ・青藍会(父母会)費 300,000円 ・学生自治会費 90,000円 ・同窓会費 100,000円 合 計 497,800円
■就職先
卒業生の約6割は付属の大森、大橋、佐倉の各病院で前期臨床研修を行っています。残りの4割は他大学の付属病院や全国の臨床研修指定病院で研修を行っています。 卒業生のほとんどは、初期研修を終えると各診療科において一定期間の専門(後期臨床)研修を行い、認定医・専門医資格を取得して、臨床医として活躍しています。約1割の卒業生は後期臨床研修期間中に大学院に進学し教育・研究分野に進みます。勤務医として経験を積み開業する卒業生もいます。 東邦大学では卒後臨床研修/生涯教育センターを設置し、大森、大橋、佐倉の各病院で前期および後期の研修医を積極的に受け入れ、卒後教育に力を注いでいます。
学科 薬学科
(220名)※6年制
『薬の専門家を育成』

薬学部は調剤だけでなく、積極的に「チーム医療」に参加できる薬剤師の育成を目標とし、講義と実習をバランスよく学ぶ。さらに医学部と付属病院との連携により病院実習やカリキュラムの充実が際立っている。「医学部・薬学部合同授業」では、医療事例に対し最適の医療診断へと導く少人数グループ学習を行っている。
■学費
初年度納付金 ・入 学 金 400,000円 ・授 業 料 1,120,000円(春学期560,000円 秋学期560,000円) ・教育充実費 710,000円(春学期355,000円 秋学期355,000円) 合 計 2,230,000円 初年度委託徴収金 ・学生教育研究災害傷害保険料 6,840円 ・青藍会(父母会)費 40,000円(2年次以降20,000円) ・学生自治会費 45,000円 ・同窓会費 10,000円(2〜5年次10,000円) 合 計 101,840円
■就職先
薬学へのニーズが拡大し、幅広い進路を開拓。その実力は各業界や企業でも認められている。 病院や薬局で働くというイメージが強い薬学部卒業生だが、近年では多種多様な分野で、薬学の知識・技術を身につけた人材へのニーズと期待が急速に高まってきている。そのため、卒業生の進路は製薬会社、化学・化粧品・食品工業系企業、行政など幅広く、様々なフィールドで薬学のプロフェッショナルとして活躍している
学科 化学科 | 生物学科 | 生物分子科学科 | 物理学科 | 情報科学科 | 生命圏環境科学科
化学科(80名) | 生物学科(80名) | 生物分子科学科(80名) | 物理学科(70名) | 情報科学科(100名) | 生命圏環境科学科(60名)
『科学者・研究者を育成』

理学部は多様で広範な研究範囲であるため、専門性と人間性を備えた研究者、科学者などを育成することに教育の重点を置いている。実験や演習を数多く取り入れ、バイオ、薬学、医学、工学、ITなどサイエンス&テクノロジーに関する教育・研究を行っている。
■学費
初年度納付金 ・入 学 金 300,000円 ・授 業 料 992,000円(春学期496,000円 秋学期496,000円) ・教育充実費 300,000円(春学期150,000円 秋学期150,000円) 合 計 1,592,000円 初年度委託徴収金 ・学生教育研究災害傷害保険料 4,660円 ・青藍会(父母会)費 50,000円 ・学生自治会費 30,000円 ・同窓会費 10,000円(在学中毎年10,000円) 合 計 94,660円
■就職先
東邦大学理学部は就職難といわれる時代にあっても常に高い就職内定率を維持しており、今後はさらに幅広い分野に卒業生たちが進出していくことが期待できます。「研究者」を目指して、大学院へ進学する学生も多いです。 【2014年3月実績】 化学科 就職希望者数 50名(就職率100%) 大学院進学者数 44名 生物学科 就職希望者数 76名(就職率95%) 大学院進学者数 18名 生物分子科学科 就職希望者数 83名(就職率96%) 大学院進学者数 17名 物理学科 就職希望者数 40名(就職率90%) 大学院進学者数 15名 情報科学科 就職希望者数 91名(就職率95%) 大学院進学者数 15名 生命圏環境科学科 就職希望者数 55名(就職率93%) 大学院進学者数 14名
学科 看護学科
(102名)
『医学知識を持つ看護のプロフェッショナルを育成』

人の想いによりそえる看護の専門家育成をめざして、豊かな人間性を養い、科学的思考力を培います。求められるのは、患者さんとの心の交流を大切にしたケア。看護学部では、高度な知識・技術と豊かな感性を備えた”人づくり”をめざし、人間性を深め、人を理解するための一般教育科目が充実しています。医学知識を持った看護師となるため、感染症学、遺伝学、公衆衛生学、心理学など、医学部教員が行う授業もあります。もちろん全学部合同授業「チーム医療教育」も行います。病院実習は医学部付属病院で行い、最先端医療の中で、実習が行われています。
■学費
初年度納付金 ・入 学 金 500,000円 ・授 業 料 1,100,000円(春学期550,000円 秋学期550,000円) ・教育充実費 300,000円(春学期150,000円 秋学期150,000円) ・施設設備費 500,000円(春学期250,000円 秋学期250,000円) 合 計 2,400,000円 初年度委託徴収金 ・学生教育研究災害傷害保険料 5,370円 ・青藍会(父母会)費 25,000円 ・学生自治会費 40,000円 ・同窓会費 10,000円 合 計 80,370円
■就職先
急速に高まる看護職の人材ニーズ。さまざまなフィールドで高い専門性を生かせる。 医療技術の急速な進歩で看護職の業務は高度化・専門化し、専門的で水準の高い知識・技術を身につけた看護職の需要が高まっている。それに伴って看護師や保健師が活躍できるフィールドも拡大。病院などの医療機関にとどまらず、学校や行政、福祉施設、一般企業なども重要な進路となっている。
学科 看護学科(仮称)
設置場所:習志野キャンパス
(60名)予定

2017年4月設置計画中
2017年4月 東邦大学 習志野キャンパスに 健康科学部 看護学科(仮称)設置構想中※

「自然・生命・人間」という建学の精神と、自然科学系総合大学の教育実績のもと、人間が健康で幸せな生活を営むことを科学的に追求し支援する「健康科学」の領域を学び、高い倫理性と知識・技術を兼ね備えた看護実践者を育成します。

■看護学実践者の育成
■自己教育力の育成
■チームワークおよびリーダーシップの育成
■看護専門職としてのケア志向の育成
■異文化理解の促進
■倫理観の形成
■科学的思考の育成


健康科学部 看護学科(仮称)の特色
(1)人間の健康について、科学的に分析する知識や技術、姿勢を身につけます。
自然科学系総合大学としての教育実績を基に、医療・看護の領域にとどまらず、人々の健康生活に関わるさまざまな分野(医療・福祉・政策)で貢献する人材育成をめざします。

(2)3つの付属病院と連携した臨床実習により、看護の専門知識・技能を修得。
3つの付属病院と医学部を持つ東邦大学では、先進医療や地域医療などの多様な研修や少人数グループでの充実した実習を受けることができます。【東邦大学医療センター 大森病院(東京都/大田区)、大橋病院(東京都/目黒区)、佐倉病院(千葉県/佐倉市)】

(3)看護師と保健師の国家試験受験資格が取得可能(予定)。(※保健師は選択制、学内選考あり)
国家試験合格を目指し、カリキュラムの充実と、看護教育の経験豊富な教員による多様な教育方法を提供します。

(4)薬学部・理学部と同じ習志野キャンパスで、交流を広げられます。
他学部の学生と同じキャンパスに通い、刺激し合うことは、多様性を理解し、視野を広げることにつながります。また学部の垣根を越えた共通教育を推し進めており、チーム医療のための演習も行っています。


●2016年7月新校舎誕生(予定)
健康科学部看護学科の新校舎が誕生します。充実した看護系実習が行える実習室や他学部との交流が図れる開放的なコモンラウンジ、透明なガラス張りの外観など、習志野キャンパスの新たな顔になります。

※2017年4月の開設を目指し設置準備を進めており、構想概要は変更となる可能性があります。
■学費
学生納付金(予定) 〈1年次〉 170万円 〈2年次以降〉 170万円
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]東邦大学の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局