google an
國學院大學栃木短期大学[先輩の声]
佐々木彩也香
2012:卒業
学んだことは今活きています

私の就職活動の最大の目的は、就職先を決めることではなく、自分を成長させることでした。これが私の目標とするところであり、原動力となるところでしたので、およそ1年間の就職活動で得たもの何物にも代え難く、今後の人生において大きな財産となりました。
現在、H.I.S.トラベルワンダーランド国内旅行ツアーデスクに勤務し、お客様のご要望に応じた内容の商品を提供しています。短大のビジネス実務の授業で学んだ知識や技能は、今の仕事にとても役に立っています。日々の仕事は決して楽ではありませんが、目標が達成できた時や社会人として成長していると自分自身が認識できた時の喜びはひとしおです。

菅野詩織
2012:卒業
感謝、感謝。そしていつか恩返し

入学当時は、ただ「教師になりたい」という気持ちだけで勉強していましたが、教育実習を経てから強く教師への道を目指すようになりました。先生方には、休日も小論文の添削や面接の練習をしていただきました。途中くじけそうになった時も、温かい言葉で励ましてくださり、今でも大変感謝しています。
現在は、中学校で家庭科の授業と1学年の担任を持っています。学級経営や授業構成とわからないことばかりで短大の先生方をはじめ、現在の中学校の先生方には、多くのアドバイスをいただいています。毎日毎日が勉強と感謝の連続です。今、こうして教職に就けたのは、支えてくださった先生方、家族がいたからということを忘れずに感謝し、いつか尊敬される先生を目指して努めていきたいと思います。

小泉沙百合
2012:卒業
多くの教育現場を見たいという欲求

大学で受けた講義と4週間の教育実習で、私の中には、様々な欲求が生まれました。人と接したい、教育現場と仕組みをもっと知りたい、何よりも、多くの現場で働き様々な教師や子どもの今を見てみたい。この欲求を満たしてくれるのは学校事務だと思いました。4月から私は中学校で勤務しています。仕事のノウハウを教えてくださる方が近くにいない職種のため、時にはせっぱ詰まることもあります。しかし、短大での友人との交流や教育実習、敬語や文学の知識は、とても多くの場面で役立っています。

阿久津佳織
2012:卒業
2年間から得た私の宝

私は、子どもたちに寄り添い、元気を与えられる養護教諭を目指しています。短大での養護教諭課程の学びを通し、現代の健康課題や問題を知り、それらの知識をより深く学びたいと考え、編入学を決意しました。試験前には、先生方が熱心に面接や小論文のご指導をしてくださり、安心して試験に臨むことができました。先生方と学生の距離が近く、親身になってご指導くださる恵まれた環境であったからこそ、充実した生活が送れたのだと思っています。2年間という短い学生生活の中で得た、同じ夢に向かって学んだ仲間や、サークル活動を通して心を通わせた仲間、そしていつも近くで見守ってくださった先生方は、私にとってこれから先も大きな支えです。

佐々木絵理香
2011:卒業
理想とする大学で学び、夢の実現へ

短大を卒業してもまだ学びたい、でも子どもたちとも関わりをもちたいという思いがあったため、昼間に働き、夜間に大学で学ぶことができるというのは私の理想とする大学でした。現在、昼間は特別支援員として小学校で勤務し、夜間に大学の講義を受け、サークル活動をするという1日盛りだくさんな、そして充実した日々を送っています。私がこうして編入学できたのも、短大生活2年間での出会いや経験、学びがあったからこそだと今強く感じています。これからはさらに夢への実現に向かって進んでいきます。

森 慶太
2012:卒業
学びから見つけた私の道

私は、編入学実績が豊富で、しかも唯一興味のあった「日本史」の学科があるこの短大に入学。編入学カリキュラムに加えて、教職課程も履修していたので、朝から晩まで勉学に励む毎日でした。その多忙の中でも、多くの友人に出会えたこと、サークル活動で絆を深めたことは心の支えでした。現在、新しい環境に苦労しながらも近現代史研究やサークル活動に励み、視野を広げ、また、中学校の時からの夢である教員になるために歩みを進めています。短大で先生方の支えをいただきながら奮起し、編入学できたことは、私の一生の自信になると思います。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]國學院大學栃木短期大学の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局