google an
東京未来大学 通信教育課程[生徒の声]
福田 智美


小さな目標をクリアしていく。「2セメスター・8ターム制」。達成感があって、学びがより楽しく!

[プロフィール]
学費の面からも「働きながら学ぶ」スタイルは絶対条件だったという福田さん。「試験のたびに登校するのは大変。ここなら自宅でいつでもパソコン受験ができるから本当に助かります」

[メッセージ]
大学時代にアフガニスタンへ行き、サーカスに所属する子どもたちを支援するNPO活動に参加したのをきっかけに、その後も海外留学でボランティアに参加していました。現在は国内で働きながら地域コミュニティの活性化を行うNPO法人で活動しています。実は子ども嫌いだった私ですが、多くの活動で子どもたちと触れ合ううちに、子どもへの興味がどんどん湧いて、「もっと知りたい!」と思うようになったんです。今は、幼稚園教諭の免許を取得して世界のあちこちで子どもの教育に携わるのが夢。スクーリングの「音楽」の授業では、上手に演奏するだけでなく楽しむことも大事だということを、体を使って学びました。授業はとても盛り上がり、おかげで仲良くなった友達もたくさん!くじけそうなときに励まし合える仲間の存在があるから、日々の勉強にも身が入ります。

豊田 裕志
正科生(3年次編入学)小学校教諭一種免許コース

実際の教育現場の映像を使ったロールプレイング。教員の責任とやりがいを垣間見ました。

[プロフィール]
「教員になりたい!」という強い決意を持って編入学。「スクーリングでは同年代の仲間がたくさんできました!科目履修や進路の悩みを相談するなど、頼れる存在です」

[メッセージ]
理系の大学を卒業して企業で働く傍ら、サッカー教室で小学生にサッカーを教えていました。教室のメンバーは13人の子どもたち。同じメンバーの子どもたちを小学校1年生から6年生まで6年間受け持ち、指導していました。コーチとして共に時間を過ごすうちに気付いたのが、自分で考えて行動し伸び始める時期に個人差があるということ。どのレベルに合わせて指導すべきか悩んだことが"教育"を学んでみたいと思ったきっかけです。「子ども教育課程論」では小学校でのシーンを実際に映像で見ながら、各ケースにおいてどのように教員が行動すべきかを考えました。教育現場での具体的なシミュレーションをすることが、サッカー教室での指導にも役立ちそうです!子どもの行動を理解することで自分自身への理解も深まったし、自身の子どもへの接し方も変化したように思います。

松岡 邦和
正科生(3年次編入学)生涯学習コース

18年前に一度断念した通信制での自己学習。今は整った環境で楽しみながら学べています。

[プロフィール]
総務部で社員のサポートや支援を行う松岡さん。「仕事が忙しくても、タームごとに定期試験の実施があるため、短期間に集中して学習できるのがいいですね。」

[メッセージ]
会社員として働く私は「人の心を知る」ということにずっと興味がありました。他校の通信教育を利用して学ぼうとしましたが、大量の教材が届いただけで何のサポートも受けられずに挫折。でも今は東京未来大学のシステムや制度のおかげで、学校と繋がりをもって安心して学習を進めています。
仕事柄、社員と接する機会が多く、学んだ内容を活かし支援を行っています。授業の内容がほぼ100%仕事や生活に実践できる実感があるので、学べば学ぶほどに楽しさが増しています。

吉川 絢子
正科生(3年次編入学)認定心理士コース

幼稚園で触れ合う子どもたちの変化に自信を持って対処できるように。

[プロフィール]
幼稚園教諭歴12年。教員免許更新講習を機に東京未来大学を知り、その後入学。「テキストを自分の声で録音し、通勤中やマラソン中に聞いて学習!おすすめです」

[メッセージ]
私が幼稚園教諭になった12年前から、子どもの様子が変化しています。たとえば子ども同士のトラブル。昔は自分たちで解決することが多かったのですが、今は先生に助けを求める受け身タイプの子が多い。そんな変化を肌で感じる中、自分と子ども・自分と親・親とこども・子ども同士の"心の関係"をきちんと学びたくて、認定心理士コースを選択。「子ども臨床心理学」では、子どもの問題行動の背景に、様々な環境や先天的要因があることを学び、多角的な目線で考える力が身に付きました。障がいを持つ子どもや小学校入学を控えた年長児やその保護者に、内面を理解しながら接してアドバイスできるようになったのが一番に収穫。職場で感じた疑問はテキストを辞書代わりに調べて解決しながら、子どもたちと日々向き合っています。

斉藤 真弓
正科生(1年次入学)

大学・高校生の子どもたちとともに勉強する時間は、お互い良い刺激に。

[プロフィール]
NPO法人で勤務しながら二児の母として多忙な日々を送られていましたが、お母様の介護を機に退職。「入学してから何事にも積極的になれました。東京未来大学の力はすごいですね(笑)」

[メッセージ]
NPO法人を立ち上げ、発達に遅れのある子どもたちをケアする活動をしていました。子どもの心理をもっときちんと理解して、よりよいケアを行ってあげたい!という思いがあり、心理を学ぶことを決意。母の介護があったため通信制で学べる東京未来大学に入学を決めました。ちょうど自分の子どもたちが思春期を迎え母として悩むことも多い時期だったこともあり、「青年心理学」の授業で学んだ内容がすぐに役立ったことが印象に残っています。感情的にならずに親子関係を分析したことで、うまく対処することができましたね。家で子どもと一緒に教科書を開いて勉強をする時間が生まれたことも、親子関係にいい影響があったかも。テレビの時間を、親子で勉強する時間に充てることで、想像以上に余裕を持って学習を進められています。スクーリングではたくさんの友人もでき、今は家族と仲間に支えられて、学びを堪能しています。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局