google an
玉野総合医療専門学校[先輩の声]
島田真希
2008:卒業
出会えて良かったと思われる保健師になれるように

瀬戸内市役所保健福祉センターで保健師として活躍。

健康診断から生活習慣病の発症の危険性が高かった方に保健指導を行っています。また、地域の方の健康相談にのったり健康教育を行ったりしています。

Q:保健師をめざした理由は?

A:高校時代病気になり、その時出会った保健師の方に相談することで、病気と向き合おうと思う事ができ、気持ちが楽になりました。その経験から健康面で悩んでいる人の力になりたいと思い保健師をめざしました。

Q:タマセン(学校)の思い出は?

A:タマセンの友達と集まれば、実習や授業、国家試験前の勉強などの話で盛り上がります。特に実習は大変で辛い時もありましたが、今では良い思い出です。

Q:後輩へのアドバイス

A:保健師は赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年代の方と接することができ、とてもやりがいのある仕事です。勉強や国家試験は大変だけれども、タマセンで出会う友達や先生がいればとても心強いです。

松下佳美
2008:卒業
介護の仕事から感じた人と人との温もり、人の偉大さ、命の尊さ。

岡山赤十字病院保健施設 玉野マリンホームにて介護福祉士として活躍。

現在は入所者様と一緒に毎日を過ごす中で、笑ったり、泣いたり、怒られたり、怒ったり、人として学ばせていただくことが沢山あります。これからもどんな時でも笑顔を絶やさず日比努力していきたいと思います。

Q:介護福祉士をめざした理由は?

A:高校の職場体験で老人ホームに行き、人と人との温もり・人間の偉大さ・命の尊さなどをお年寄りと働く方から感じさせていただき、素敵な仕事だと思ったからです。

Q:タマセン(学校)での思い出は?

A:実習や日常でも困ったときに親身に相談にのって支えてくれたり、時には厳しく指導してくださった先生や友人に出会うことができました。今ではそんな先生や友達は私の宝物です。

Q:後輩へのアドバイス

A:実際に働いてみると教科書通りにいかにこともありますが、明るく前向きに自分らしく頑張ってください。

牧伸哉
2005:卒業
人のために尽くしたい。スポーツとも共にありたい。

山本整形外科病院にて理学療法士として活躍。

現在、整形外科病院にて、小学生から高齢者に至るまで幅広い年齢層の患者様を対象に理学療法を実施しています。

Q:理学療法士をめざした理由は?

A:人のために尽くしたい、スポーツに携わった仕事がしたいという思いで理学療法士をめざしました。

Q:タマセン(学校)の思い出は?

A:良い友だち・先生に出会え、人として、社会人として、医療人としてどうあるべきかを学ぶことができました。

Q:後輩へのアドバイス

A:知識・技術だけでなく、人間性も磨き、患者様に必要とされる理学療法士になってもらえればと思います。

本位田愛美
2010:卒業
「何か人の役に立つ仕事をしたい。」その答えが作業療法士でした。

山陽病院にて作業療法士として活躍。

日常生活を送ることが難しくなってしまった方々に、作業療法による治療を行っています。対象者1人ひとりに合わせた目的を考え、生活が送りやすくなるよう活動を行っています。

Q:作業療法士をめざした理由は?

A:高校3年生の時「人の役に立つ仕事がしたい」そう思い始めたことがキッカケでした。様々な活動を治療の手段とし、同じ目標に向かって共に考え共に進む作業療法士に魅力を感じました。

Q:タマセン(学校)の思い出は?

A:作業療法士の資格だけでなく、一生の仲間にも出会えました。たくさんの人々に支えられて過ごした日々働く今も心の糧になっています。

Q:後輩へのアドバイス

A:タマセンは作業療法士の資格だけでなく、一生の仲間にも出会えます。ぜひタマセンへ!

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局