google an
至学館大学[生徒の声]
鯉渕 凌さん
健康科学部 こども健康・教育学科 1年

最後まで諦めずに合格を勝ち取る!野球部の指導者になるという夢のスタートラインにたって

教員になりたいという夢があり、インターネットで調べたり、至学館大学に通っていた先輩に話を聞いたり、見たりして、「自分にあっている」「至学館大学なら4年間がんばれる」と思い至学館大学を選びました。
将来の夢は教員になって、生徒が社会に羽ばたけるように育てていくことです。そして、野球部の指導者になり、野球を通じて学べることを伝えていきたいと思っています。
教員を目指すにあたり、お手本となる先生方が多く、言葉ではもちろんですが、言葉以外からも教えられる部分が多いことが良かったと思っています。

部活は野球部に所属しています。部員数が多い野球部ではポジション争いが激しいので、努力をしてレギュラーになり、レギュラーとしてチームのために貢献できるようになりたいです。
至学館大学の野球部は部活以外でも先輩と後輩の仲が良いです。言うべきところはしっかり言い合い、めりはりができるチームだと思います。
監督とコーチは選手のことを第一に考えてくれ、4年間の大学生活だけでなく、その後のことも一人ひとりと向き合って相談にのってくださいます。
普段の練習はバッティングやノックを通じて基本的なことを継続して行っています。
学業との両立するためにも、授業や勉強をするとき、部活をするときなどめりはりをつけて集中して行うように心がけています。

受験生のみなさん、推薦入試や一般入試など人それぞれ受験する入試は違います。私は一般入試?期で合格したので、野球部には1年生の中で最後に入部しました。入学式の時点でスタートラインは一緒だと思います。自分の力を信じて最後まで諦めずに頑張ってください!

井村 勇介さん
健康スポーツ科学科 1年 (男子硬式野球部・投手)

チームを引っ張る投手へ、そして社会人野球への道をひらく

将来は高校の保健体育の先生か社会人野球の道に進みたいと考えています。それを実現させるために、部活をしながら教員免許を取得することができる至学館大学を選びました。

授業では健康に関することやスポーツ選手の食事、保健体育の先生になるための体育の実技や指導法などについて学んでいます。好きな授業は体育実技指導法です。今まではスポーツをするだけでしたが、今は教える側の視点になって授業を学ぶことができるからです。

部活では高校に引き続き野球に打ち込んでいます。至学館大学の野球部は一人ひとりが高い意識を持ち、良い雰囲気で練習に励んでいます。また、監督とコーチは熱い心を持っていて、常に野球に対して真剣な方々だと思います。
普段の練習は、ピッチャーなのでランニングメニューやピッチング、ウエイトトレーニングを基本メニューにしています。

学業と野球を両立させるために、授業の空き時間を使って勉強しています。夜は部活があり、時間が取れないので空き時間にも集中して勉強するようにしています。

至学館大学の硬式野球部に入部し、野球を通して良き仲間に出会えたことをうれしく思っています。切磋琢磨しながら仲間とともに成長できる4年間にしたいと思います。

鳥山 大輔 さん
健康スポーツ科学科4年 陸上競技部・主将

アスリートの経験を生かして、トップアスリートを支えるアスレティックトレーナーを目指す

将来はトップアスリートを支えるアスレティックトレーナーになりたいと思っています。そのためにはまずは自分自身が選手として一流になる必要があると考えています。それはトップアスリートの気持ちはトップアスリートにしか理解できないのではないかと思うからです。そのため、僕は全国で活躍している選手の多い陸上競技部があり、アスレティックトレーナーの受験資格が取得できる至学館大学を選びました。
アスレティックトレーナーの受験資格を取得するために、短期大学部体育学科に入学し、4年制大学の健康スポーツ科学科に編入学をしました。陸上競技を4年間続けたいという思いと、更なる競技力向上のための深い知識を学びたいと考えていたからです。また、専攻科に進学し、アスレティックトレーナーの受験資格を取得するために知識と経験を積んでいきたいと考えています。

大学では、運動を物理的に学ぶバイオメカニクスや、身体の構造などを学ぶ解剖生理学、その動きを学ぶ運動生理学などを学んでいます。ゼミではトレーニングの方法や効果などを学ぶトレーニング科学を専攻しています。自分の競技力が学んだことによって向上していることを実感するので勉強していて楽しいです。一人ひとりが自分の目標と向き合って授業に取り組む姿勢が大切だと思います。

部活では部員150名を超える陸上競技部に所属し主将を務めています。自分一人で150名全員をひっぱっていくことは不可能ですが、短距離、長距離、跳躍、投てきの各ブロック長とコミュニケーションを多くとり、部員の情報を正確に把握するように努めました。
至学館大学の陸上競技部は創部が浅いのでまだまだ発展途上のチームだと思います。私が所属していた男子短距離チームは磨けば光る原石のような選手がたくさんいます。今後彼らがどのように自分を磨いて光輝いていくのか楽しみです。

記録向上のために大切にしていることは、常に自分のトレーニングの一つひとつに考えを持つことです。何も考えずにただこなすだけのトレーニングと、このトレーニングにはこういう意味があって行っていると考えながら行うのとでは大きな差が出てくると思います。至学館大学には競技場やウエイトルーム、指導者など良い環境があり、自分の走りについて深く考え、練習に取り組むことができます。

私は人間に限界なんてないと思っています。どこまで自分が成長したいか、その限界を決めて先を見ずに諦めてしまうのは自分自身だと思います。もし、みなさんの中に自分の限りない可能性に挑戦したい人がいたらぜひ入学をお勧めします。至学館大学は全力でサポートしてくれます!

山下 和真さん
健康スポーツ科学科 4年

男子硬式野球部の大黒柱!〜主務としてチームを支える〜

至学館大学を選んだのは、野球部の創部が浅く、これから歴史を作り上げていく自分の姿を想像したらとても魅力を感じたからです。また、学業も体育の専門意識をしっかり学べると思ったので至学館大学を選択しました。

大学では体のメカニズムや指導法、栄養学などを学んでいます。
健康運動指導を専門とするゼミのため、実践を通した指導法を学ぶことで将来のための良い経験を積むことができていると感じています。1番好きな授業はトレーニング科学の授業です。スポーツを行ううえでトレーニングは必要不可欠です。将来自分が指導者の立場になったとき、トレーニングについての知識や経験がなければ人に教えることができません。自分自身のスキルアップにつながる授業だと思います。

部活は硬式野球部に所属し主務を担当しています。急な予定の変更などに対応するときはとても大変ですが、経験を積むにつれていろいろな知恵が出てくるようになり、スムーズに対応できたときにやりがいを感じます。また、指導者からの「ご苦労様」の一言や、後輩からの「いつもありがとうございます」の感謝の言葉には喜びを感じます。
至学館大学の硬式野球部の良いところは、周りに気づかいができる選手が多いことです。普段は優しくても、間違っていることには注意し合える雰囲気があります。監督やコーチどの距離が近く、常にアドバイスをしてくれ、自ら考えて答えが出せるようにサポートを惜しみなくしてくれます。また、私たち学生の自主性を重んじてくれます。監督やコーチ、先輩、後輩のつながりも深く、まとまったチームだと思います。私は4年生なので、後輩にできるだけたくさんのことを伝えて残していきたいと思っています。

至学館大学は大きな大学ではありませんが、学生だけでなく先生や職員もすぐに顔覚えてくれ、悩んだ時や困った時に孤立することは考えられません。友達がいない、知り合いがいなくて不安でも大丈夫!!
私も知り合いがいなくて不安でしたが、すぐに友達もでき、今では先輩や後輩、先生、職員の方々とのつながりの強さを感じています。受験生のみなさん、ぜひ至学館大学で一緒にがんばりましょう。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]至学館大学の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局