google an
トヨタ神戸自動車大学校[学部・学科]
学科 高度自動車科
(昼・4年・男女)
【教育目標】
高度自動車科の4年間で学ぶのは、トヨタの「高度な技術力・知識」に加え、業界のリーダーにふさわしい「ビジネス能力」です。産学一体のメリットを生かした創造的な教育スタイルを軸に、卒業後はメーカーや販売会社などトヨタグループの幹部候補生を目指します。

【学びのポイント】
(1)自動車技術
自動車を構成する部品一つ一つの仕組みを理解するとともに、「走る・止まる・曲がる」といった機能を自動車全体のシステムとして、理解。豊富な教材車や実習設備を使って、基本からハイブリッドなどの最先端技術まで実践的に習得していきます。

(2)仕事力
自らテーマを決めて「研究・検証・プレゼンテーション」までを行い、知識・技術を現場での仕事に活用するための"考える力"を養成。リーダーシップ、コミュニケーション能力、自主性、計画性など、実際の仕事で成果を得るための力を身につけていきます。

(3)ビジネス知識・教養
トヨタグループ各社から企業幹部を招いての授業や、経営トップによるビジネス実例研究などを通じて、社会で必要な力を養います。


<大学院入学資格付与>
■学費
初年度納入金:124万円(平成25年度生実績)
■就職先
【トヨタ自動車の技術職や開発・評価職を目指すことができる】 技術教育・技術支援職は、自動車メーカーのアフターサービス部門で、国内外販売会社の技術支援や技術指導を行います。また、開発・評価職では、自動車メーカーや関連開発会社の開発部門で、エンジンやシャシ、エレクトロニクス関連の実験や評価を行うことができます。
■目標とする資格
一級小型自動車整備士<国>/二級ジーゼル自動車整備士<国>/二級ガソリン自動車整備士<国>
学科 自動車整備科
(昼・2年・男女)
【教育目標】
2級自動車整備士資格を取得することを核に、最高の環境の中、徹底的な実習で自動車技術を身につけ、その技術を学科で論理的に深めます。さらには適切なビジネスコミュニケーション能力なども習得し、お客様から充分な満足と信頼を得られる一流のサービスエンジニアをめざしていきます。

【学びのポイント】
(1)プロの技
すべての学生が存分に「見て、触れて、感じて」学べるように、2〜4人に1台の豊富な教材車を用意。恵まれた設備環境の中、トヨタ販売店の現役エンジニアがプロとして活躍できる技術を直接伝授します。

(2)最新技術
基本的な自動車知識・理論はもちろん、ハイブリッドをはじめとする"TOYOTA"が誇る最先端のカーテクノロジーまで、最先端の教材車・機器がそろった充実の実習環境の中で着実に身につけます。

(3)社会人基礎力
自動車技術・知識だけでなく、挨拶や身だしなみ、ビジネスマナーといった社会人としての素養もプロフェッショナルに求められる条件です。接客やパソコンなども含め、現場で必要となる力を現役エンジニアの指導を交えて幅広く習得していきます。
■学費
初年度納入金:120万円(平成25年度生実績)
■就職先
【高い就職率。特に出身県トヨタ販売会社へのUターン就職は抜群】 地域に密着した販売活動が基本のトヨタ販売会社にとって、技術レベルも仕事に対する意識も高い当校出身者は貴重な人材です。毎年多くの企業から地元出身者への求人情報があり、多くの卒業生が地元で就職をしています。
■目標とする資格
二級ガソリン自動車整備士<国>/二級ジーゼル自動車整備士<国>
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]トヨタ神戸自動車大学校の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
スクール一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局