google an
国立清水海上技術短期大学校[学部・学科]
学科 専修科
船舶職員コース(2年制・110名)
船舶を動かす「航海士」・「機関士」を養成する。航海士とは船を操縦し、貨物の積み降ろしや、船体の保守整備の責任者となる。単に操縦といっても気象に気を配り、船の性能を考慮し、適用される法律など多くの知識・技術・経験を必要とする。そして経験を積みやがては「船長」となる。機関士は巨大なエンジンを運転し保守整備をする。発電機・空調設備を動かすなど、船内の生活環境を良好に保つ基盤を作っている。各種の機械を運転整備するにも機械工学・熱力学・電気・法律等の広範な知識の上に、技術を伴う必要がある。そして経験を積みやがては機関部の責任者である「機関長」となる。
■学費
平成26年度(参考) ・授業料11万8000円(年額)、 ・学資金(学生諸経費・寮生諸経費・教材費・被服費含む)37万6165円(1年次)、 ・食費(寮生の場合)約29万9千円(1年次) 通学生は昼食のみとなり約7万2千円 卒業までの学費総合計(授業料+学資金+食費)約120万円(2年間)
■就職先
25年度卒業生(定員110名)に対して、延168社(460名)の求人がありました。
■目標とする資格
危険物取扱者<国>
基本情報 / 詳細・所在地 /生徒の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]国立清水海上技術短期大学校の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局