google an
日本外国語専門学校 海外留学科(海外270大学留学センター/アート&デザイン留学センター)[先輩の声]
高橋
2007:卒業
留学して念願のANAキャビンアテンダントに!!

アメリカのハイライン・コミュニティカレッジに留学し、一時帰国中の就職活動でANAのキャビンアテンダントに内定。日本外国語の就職指導室やエアライン科の先生方にご指導頂きながら就職活動を進めました。

Q:キャビンアテンダントを目指す上で、留学を選んだ理由を教えて下さい

A:海外経験がなかったので、海外と関わる仕事に就く上でも、一旦外に出て色々な経験をしたいと思っていたんです。それに、英語力に自信を付けたかったですし、学位も欲しいと思っていたので、海外の大学に進むことにしました。留学方法を比べてみて、日本外国語はサポートが厚いし、単位も移籍できる。一番スムーズに留学できるんじゃないかなと思いました。アメリカ留学科の三枝先生が、空港インターンシップができる大学のことや、同じようにエアライン業界を目指す先輩のことを教えて下さっていたので、留学先の大学を選ぶ時はその点を考慮しましたね。

Q:留学から1年あまりで内定獲得。どうやって就職活動を進めましたか?

A:就職活動は、留学してすぐから考えていましたね。就職活動をするのはいつがベストなのか、そのためには何月までに単位を取るべきか、どの科目ならそれが可能なのか、とか。1年半で2年分の単位を取れるように授業を組みました。授業はまだ後半1学期分、9〜12月まで残っているのですが、6月に一時帰国して就職活動を進め、ANAの留学者対象のキャビンアテンダント採用枠で8月に内定を頂きました。一時帰国中には、まず就職指導室の小笠原先生にご相談し、エントリーシートを添削して頂いたり、試験が進む度に小森先生を始めエアライン科の先生方に面接練習をお願いしました。敬語から、メイクや服装のポイントまで、細かくアドバイスして頂きました。

Q:キャビンアテンダントに憧れている人へメッセージ

A:向いていないかな、とか自分に不安を持っている人は沢山いると思います。私も英語に自信が無かったのですが、でもやっぱりキャビンアテンダントになりたかったので、そのためにはどうすればいいかを常に考えて、行動しました。みなさんも大きな目標を持って色々なことにチャレンジしてみれば、それだけで夢にどんどん近づいていると思います。何もやらないうちから諦めてしまうのではなく、目標を持って頑張ってほしいです!

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]日本外国語専門学校 海外留学科(海外270大学留学センター/アート&デザイン留学センター)の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
スクール一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局