google an
専門学校 久留米リハビリテーション学院[生徒の声]
森 将志
理学療法学科4年

PCを使った「e-school授業」がわかりやすくて設備もバッチリ!

高校生までずっと野球一色の生活で、体を痛めてよくリハビリのお世話になっていました。そのうちに、自分もこんな職に就きたいと思い始めました。他の学校もいろいろ見てまわりましたが、勉強する設備がダントツに充実していたのが“くるリハ”でした。とにかくパソコンを使った授業がわかりやすくてスゴイ!それに、先生がすごく丁寧に教えてくれます。自分が質問したら、一つ一つしっかりと答えてくれるので安心して勉強ができます。“くるリハ”の先生についていけば大丈夫です!将来はスポーツの分野で、自分の腕を生かしていきたいと思います。

橋口 由香
理学療法学科4年

先生と生徒の距離感が近くて、温かい。とても丁寧に指導してくれます。

高校では福祉科目を受講していました。その授業の一環で、くるリハの先生が来てくださりお話を聞く機会があり、「やりがいがあってかっこいい!」と思いました。リハビリテーションのことについて丁寧に説明をしてくれて「この先生だったらついていけそう」と思う事ができました。くるリハに実際に通ってみると、先生と生徒の距離感が近くて、何でも相談できるところが温かくていいなと思います。今からこの道を目指す方には、夢をしっかりと持ってここに来てほしいです。将来、誰からも慕われるやさしい理学療法士を目指しています。

原野 めぐみ
作業療法学科4年

子どものためにも「一生続けられる仕事を」という決断。今はとても毎日が楽しい!

子どもを授かったことで「子どもとの時間がほしい」、「一生続けられる仕事に就きたい」と思い、“くるリハ”で学ぶことを決めました。昔、祖母が作業療法士さんにお世話になっていたこともあり、やりがいがある仕事だなとずっと思っていました。社会人からの挑戦なのでもちろん不安もありましたが、オープンキャンパスに行ったとき、先生が「大丈夫だよ!」と言ってくれてとても安心したのを覚えています(笑)。授業内容は難しいこともありますが、全てが繋がっているので面白いです。特に、主体のメカニズムを学ぶ生理学の授業が好きですね。まずは、興味を持って勉強することが、上達する第一歩だと思います。

酒井 美咲
作業療法学科3年

定期的に行なわれる小テストは、確実に実力が身に付くので復習は欠かしません!

祖母が体に麻痺を持っていたので、何かしらの助けになればいいと、高校は福祉科に進学しました。学校の実習で“くるリハ”の先生がきたとき、自分が知らない病気のことなどをわかりやすく教えてくれたので、これなら自分もついていけると思い、決めました。母には、高校時代より勉強するようになったとよく言われます。随時小テストが実施されるので、復習は欠かせません。勉強や進路のことで、少しでも悩むことがあっても、先生が手助けしてくれます。学校の周囲には自然しかありませんが、その分勉強に集中できます。将来はすべてのことに携われるような作業療法士を目指しています。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局