google an
埼玉福祉・保育専門学校[生徒の声]
須永剛くん


児童福祉科在校生

高校3年の頃に身近に子どもが生まれました。子どもの成長がとても早いのに驚き、もっと勉強して関わりたいと感じたのがきっかけで、子どもの分野について学びたいと思いました。
埼玉福祉を進学先に選んだのは、現場力を重視しているカリキュラムなので実習を多く行える。そして、実習前後の教育期間を始め、学生相談室など先生方のサポートがしっかりしているからです。
最初授業で学ぶ中では、子どもの成長発達の段階について漠然としていましたが、実習でさらに身近に感じて分かるようになりました!

大村真美さん


介護福祉科2部在校生

夜間部は授業終わりに友達と食事に行くことも出来るのでストレス発散になり、みんなとワイワイ楽しいですよ。私は昼間、認知症専門病院で看護助手としてアルバイトをしています。入院されているのは、ほとんど認知症の高齢者ですが… 認知症って、大変なイメージがあると思います。でも、かかわればかかわるほど、その方の気持ちがわかってきて、とても充実しています。
仕事中笑わない日はないくらい、毎日、楽しく働かせてもらってます。そんな高齢者の方々にパワーをもらい日々学校での勉強に励んでいます。今3年生なので、残された学生ライフを楽しみたいです。

佐藤麻帆さん


介護福祉科1部在校生

私が介護福祉士を目指そうと思ったきっかけは、中学生の頃に祖母に「介護福祉士になれば」ろ薦められたからです。私は幼い頃、祖父母に面倒を見てもらうことが多かったため、祖父母が大好きで、介護福祉士になることを決めました。
高校の先生から埼玉福祉を勧められ、学校説明会や体験授業、プレスクールに参加し、学校や在校生、そして先生方の雰囲気がとても明るく、ここなら楽しく一生懸命勉強ができると思い、入学を決めました!
入学してからは、実際に現場で働く先生から授業を受けることができ、教科書だけではない様々な現場の話をしてくれるので、実習でもとても役に立っています。介護福祉士になって人の役に立ちたいという気持ちが高まると同時に、知識や技術、自分の想いを具体的にどうやって実践・実現するか、そんな力が身に付いてきたと感じています。

丸山 剛史 さん
社会福祉科3年生

実習を通して、教科書どおりじゃない現場を知りました。

高校生の時、実習時間が多いことに埼玉福祉の魅力を感じ、進学を決めました。
1年生の実習は、病院のソーシャルワーカー見学実習でした。この実習を終えて気づいたことは、視野を広めること。そのため自分から積極的にボランティアに参加するようになりました。
2年生の実習は、特別養護老人ホーム。利用者の方に「丸山君」と呼ばれたり、「ありがとう」と言われるうれしさを肌で感じました。また現場は教科書通りでないということも学びました。
3年生の実習は、病院・地域包括支援センター・訪問介護・知的障害者施設などさまざまな場所で、さまざまな方と出会いました。病院のソーシャルワーカーの方は他職種の人からの信頼が厚く、ソーシャルワーカーという仕事にますます魅力を感じました。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]埼玉福祉・保育専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局