google an
東京製菓学校[生徒の声]
永井紗苗
洋菓子本科

アメ細工でいつかコンテストに出場したい。

学校では基礎もたくさん繰り返しますが、高度な実習も同じです。中でもアメ細工はやればやるほど上達するので、おもしろいです。アメの技術をきちんと修得して、いつかコンテストに出場してみたいです。

橋本尚美
和菓子本科

海外でも和菓子の普及に努める先生を目標に!

パティシェになることを考えていましたが、上生菓子をつくる映像を見たときに感動し、和菓子の世界へ!担任の先生が私たちに教える以外に、欧州などの海外へ出向き、さまざまな講習会を通して和菓子を広める活動をしているのを知り、自分も和菓子を世界に広めたくなりました。

竹沢俊之介
パン本科

石窯の魅力は原始的な仕組みにある。

石窯の設備に魅了されて入学を決意しました。実際に使ってみると、通常のオーブンのように均一に焼くことが難しいです。温度調節が複雑ですし、タイマーがないので、経験値だけで使いこなすしかないんです。原始的な窯だからこそ、自分の技術と知識が必要であることを知り、パンつくりの奥深さを感じました。

濱崎陽介
洋菓子本科

アメ細工とショコラがきちんと学べるのが魅力。

2年生になって待望のアメ細工とショコラの実習があり、充実しています。それぞれ1か月も実習授業が続くので、集中して取り組めました。アメやショコラは温度で状態が極端に変わるので、その見極める技術が身に付きましたね。

松崎琳子
パン本科

製パン実験の学習が効果的でした。

パン技術者になりたくて、パンだけを専門に学習できる東京製菓学校に入学を決めました。もちろんたくさんの製品はこなすのですが、一番興味深かったのが製パン実験の授業。あえて、おいしくない製法でつくり、その理由を解き明かしたり、皆で検証したり、自ら答えを導き出すんです。パン専門の学科でしたので付加価値の高い授業ができるんでしょうね。

小黒友輔
和菓子本科

伝統校の重さを実感!

多くの卒業生の活躍を知り、伝統ある東京製菓学校を選びました。とにかく、設備が充実しているし、和菓子だけを掘り下げて勉強できるので、毎日が充実しています。将来は新しい和菓子を開発して一人前の和菓子職人になりたいです。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]東京製菓学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局