google an
下関看護リハビリテーション学校[生徒の声]
吉母 ちあき
理学療法学科3年(山口県立大津緑洋高等学校卒)

人を笑顔にすることができる理学療法士になりたいから

私は部活動でけがをすることが多く、その度に何も出来ず動けない辛さを味わってきました。将来の夢で悩んでいた時、理学療法士という職業を知りました。
私自身が経験したことを活かし、患者様の気持ちを理解し、笑顔にすることができる理学療法士になりたいと思いました。
オープンキャンパスの時、私に笑顔で接してくれた理学療法士(先生)がたくさんいる「下リハ」に来たいと思い入学しました。
遅い時間まで親身になってくれる先生方がいる当校で、人を笑顔にすることができる理学療法士を目指して頑張っています。

新野 いくみ
理学療法学科2年(九州国際大学付属高等学校卒)

勉強だけではなく、様々なことを楽しく学べる学校

私は昔から人の役に立つ仕事に就きたいと思っていました。
理学療法士は、患者様のより身近で仕事を行い、病院だけでなく働く場所も広がっていることを知り、理学療法士になりたいと決心しました。
また、同級生の年齢層も広く、社会経験のある人や大学を卒業してきている人もいるので、勉強だけでなく多くのことを学べる環境です。
学校行事では、入学直後の1泊研修、看護学科と合同のクラスマッチや関連校とのスポーツ大会、海外研修、関連施設の見学ツアーなど楽しいイベントがたくさんあります。
同じ目標を持った仲間と一緒に理学療法士を目指して頑張ります!

宮城 翔
理学療法学科2年(福岡県立山門高等学校・佐賀大学卒)

充実した環境が、自分の目標へ後押し

私は社会人として仕事をしていました。しかし「困っている人に喜んでもらえる仕事に就きたい」と、理学療法士を目指しました。
理学療法士は、人と直接かかわり元気にすることのできる職業です。その為に身に付けなければならない知識や技術はたくさんあります。勉強は難しいですが、同じ目標を持つ仲間、熱心な先生方に支えられているので、乗り越えることができています。
この学校には、自分の目標に向かって前進できる充実した環境があります。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]下関看護リハビリテーション学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局