google an
辻村和服専門学校[先輩の声]
平石 菜緒
2006:卒業
プロ和裁士

卒業後も研究生として学校で和裁をし
収入を得ながら一級を目指してます。

Q:研究生の生活

A:辻村で和裁を学び、4年次に和裁士2級を取得しました。2級取得後、2年の実務経験を積むと1級の受験資格ができるので、今はそれを目指し、卒業後も研究生として学校へ残り技術を磨いています。もう学費はかからず、逆に自分が縫った着物の枚数に応じて報奨金がもらえます。金額はだいたい月に17〜20万円ぐらい。住んでいるのは学生時代と同じ寮で、私の場合は一人部屋で月3万円ですから、十分生活ができます。貯金もしていますよ。静岡は冬でも暖かくて光熱費もそんなにかからないし、雪が降らないから一年中自転車に乗れるし、町の中で何でも揃うから生活するのにとても便利。もうすっかり慣れました。

Q:辻村を選んだ理由

A:母親が和裁をしていた影響か、小さい頃からモノ作りが好きで、進学時も迷わず和裁の道を選びました。東京・京都・奈良など全国の和裁学校から資料を取り寄せ、学校見学もいろいろした中、辻村を選んだのは寮が一番キレイだったから。他の学校は寮のトイレやお風呂が共同だったりで、そんな生活に自信がありませんでした。辻村はバス・トイレ付きの一人部屋があり、快適に暮らせそうだと思ったんです。学生時代はひたすら縫う毎日。入学当初は先輩を見て「私にあんなすごいことができるんだろうか?」と思っていましたが、順を追って縫っているうち次第にできるようになり、初めて振袖を縫った時には「いつの間にかここまで来た!」と感激しました。

Q:これからの夢・目標

A:09年2月の和裁士1級試験に向けて、今は練習を積み重ねているところです。やはり2級より技術も審査も厳しく、先輩の話を聞くと普段はできることも、時間制限に焦ってうまくできなかったりするそうなので、確実な技術を身に付けたいとがんばっています。実は、静岡で出会った人と近いうちに結婚する話が進んでいます。ですから、和裁士1級と結婚と両方を実現するのが今の目標。いつでもどこでも仕事ができるように和裁の技術を身に付けたのですから、結婚しても、子どもができても、もちろん和裁士を続けたいですね。学校が仕事を斡旋してくれるし、学校へ来て縫うこともできるので理想的な環境だと思っています。

牧野 千秋
2002:卒業
プロ和裁士

「子育て中心の生活を楽しみながら
自宅でしっかり稼いでいます!幸せです。

Q:和裁の道へ進んだ理由

A:自宅で子育てをしながら和裁士をしています。07年5月に産まれた長男は9カ月。掴まり立ちをして歩き回るようになり、目が離せなくなってきました。和裁をするのは、子供が昼寝をしているか夜寝ている間の1〜2時間だけ。主人が休みの週2日は家族でドライブなどに出かけるので、仕事はお休みです。今は月収5万円ぐらいが目標。生活費のためというより、旅行など家族で楽しむゆとりのお金を稼ごうと、出産7カ月後に仕事に復帰しました。今年の夏は親子3人でハワイへ行く予定。外へ働きに出なくていい、子どもを預けなくていい、子育て中心の生活をしながら仕事ができるので、家でできる和裁士の技術を身に付けて本当によかったと思っています。

Q:今の仕事との出会い

A:何か手に職をつける勉強をしたいなぁと思っていた時、母親が「和裁なんかどう?」と勧めてくれたのが、この道へ進むキッカケでした。着付けなど着物の知識や技術を身に付けてほしいと思ったようです。特にモノ作りが好きだった訳ではなく、針仕事もあまりしたことがなかったのですが、和裁なら誰もが一から同じスタートを切れるから、がんばれば私にもできるかなと思いました。いろいろな和裁学校の資料を取り寄せたところ、東京の学校の多くは縫う素材を自分で用意しなければならなかったのに対し、辻村は学校が素材を用意してくれるし、さまざまな種類の着物を縫えるのが魅力でした。学校見学に来て、学校と寮がキレイだったのも決め手です。

Q:私の学生時代

A:学生時代の思い出は寮生活ですね。今は同級生同士の相部屋ですが、当時は先輩と後輩の組み合わせだったんです。初めのうちは慣れない共同生活にけっこう気をつかったりして、たまに友人たちと外で遊んで気分転換をしたのがいい思い出です。そんな経験を通し、自分中心に考えてはいけないなど、人との付き合い方を学びました。師範科を卒業してからも、結婚して子どもが生まれる臨月まで研究生として学校へ通って仕事をしていました。その時は月収20万円ぐらいでしたね。今は自宅で仕事をしていますが、子育てのことなど何か困ったら、学校へ行けば同じように子育てしている研究生など相談できる人がいるので、安心して仕事を続けていられます。

高島 摩依
2006:卒業
呉服店勤務

着物のプロたちが揃う現場で
本物に触れ、着物の奥深さに触れる毎日

Q:こんな仕事

A:銀座の呉服店"衣装らくや"は、TVCMや雑誌などで活躍する着物スタイリスト石田節子さんのお店です。撮影用のスタイリングから、一般のお客様向け販売やレンタルも行っています。私はここで着物の外注を担当。採寸したり、納品された着物の検品などをしています。とにかく何でも一生懸命の日々。いろんな仕事が入ってくるので、いかに優先順位をつけるかが今の課題です。作る着物も、羽織を帯にしたり、帯3本を合わせて羽織にしたり想像もしなかったような依頼が来ます。でも、ベテランの和裁士さんが、どんな要求も実現しちゃうんですよ。お店の先輩たちも着物大好きな人ばかりで、織りや種類などホントに詳しい。学ぶことだらけです。

Q:今の仕事との出会い

A:さまざまなメディアで活躍し、着物の世界では有名人の石田節子先生。そんな人のお店にどうやって私が入社できたのか・・・師範科の後、研究科で1年学んだので24歳になっていました。そろそろ社会へ出なきゃと思っていた時、たまたま雑誌で見たのがキッカケで"らくや"の存在を知ったんです。ネットで調べると紬(つむぎ)の専門店ということが分り、紬が大好きだった私は「ここしかない!」と飛び込みで自分をPRしに行きました。すると、自分で縫った着物を持って着てくださいと言われ、持って行くと和裁士として採用してもらえたんです。「とにかくやってみよう」という母親譲りの行動力が道を開いたと思っています。

Q:今の仕事との出会い

A:さまざまなメディアで活躍し、着物の世界では有名人の石田節子先生。そんな人のお店にどうやって私が入社できたのか・・・師範科の後、研究科で1年学んだので24歳になっていました。そろそろ社会へ出なきゃと思っていた時、たまたま雑誌で見たのがキッカケで"らくや"の存在を知ったんです。ネットで調べると紬(つむぎ)の専門店ということが分り、紬が大好きだった私は「ここしかない!」と飛び込みで自分をPRしに行きました。すると、自分で縫った着物を持って着てくださいと言われ、持って行くと和裁士として採用してもらえたんです。「とにかくやってみよう」という母親譲りの行動力が道を開いたと思っています。

杉山 沙枝美
2000:卒業
ショップ運営

「縫う」「売る」だけでなく、
着物の楽しさを伝えるのも私たちの役目!

Q:こんな仕事

A:和小物など販売しながら、お汁粉やお茶漬けなどのメニューを揃えた「きものカフェ」を運営しています。着付け教室や和裁教室も開催。堅苦しくなく、気軽に着られる普段着の着付けを。和裁も古い着物の寸法直しとか羽織に仕立てるなど、各自やりたいことをやってもらっています。着物に興味があってもどうしていいか分らなかったり、高級な販売店や個人宅の和裁教室だと敷居が高かったりしますよね。でもここはカフェなので気軽に訪れていろいろ聞くことができます。お店がオープンしてから約2年半、延べ150人以上の方が教室へ来てくれました。このお店があったからこそ、これだけの方が着物に触れる機会ができたのを嬉しく思っています。

Q:今の仕事との出会い

A:辻村を卒業後、ナショナルチェーンの呉服店に勤めましたが、高級志向の大手のやり方にギモンを持ち3年半で退職。私は着物が大好き。もっとみんなに気軽に着物を楽しんでほしいと、次にアンティーク着物ショップに転職しました。ところが今度は新たなギモンが。お客様はコーディネートの仕方とか、半襟の付け方とかいろいろ聞きたいんです。でも買わずに聞くのは悪いと遠慮してしまう。そういう人がたくさんいるのを実感した時、お客さんだった今のオーナーと知り合い、だったら自分たちで理想のお店を作っちゃおう!ということになったんです。物件を探し、自分たちで床を塗ったりと何もないところから始め、2005年10月にオープンしました。

Q:私の学生時代

A:私、辻村へ入るまでは針を持ったこともなく、家庭科は10段階評価で3(!)。ただ手に職をつけたいな、着物が着られたらいいな、くらいの気持ちでした。だから1〜2年の頃は訳が分らず、3年になったらやめようと思っていました。でもせっかくだから4年まで続けようとやっていたら、それからですよ、着物のおもしろさに目覚めたのは。だから私は学生の皆さんに声を大にして言いたい。「学校は4年間、絶対続けた方がいいよ!」。卒業後も「縫う」か「売る」しかない訳ではありません。自分が率先してやることで、世界が開けます。多くの人に着物の楽しさを知ってもらうために、その技術や知識を活かせばいいんです。後輩たちにも期待しています。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]辻村和服専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局