google an
行岡医学技術専門学校[学部・学科]
学科 看護第1学科
(3年・男女)
看護第1学科では、確かな看護技術と豊かな人間性を兼ね備えた看護師を育成しています。国家試験に合格するための基礎力はもちろんのこと、臨床で活躍するための応用力の習得を目指しています。そのために、教員は臨床経験豊かな看護師が担当し、生きた知識と技術を教えているのが特徴。1 年生の6 月から基礎看護実習を始め、2 年生後半から3 年生後半まで集中した臨床実習を行い、現場で役立つ能力を経験的に習得できるようにしています。また、国際社会に対応するために英語学習に力を入れているほか、行岡鍼灸専門学校の先生に東洋医学について指導して頂き、看護学について広い視野を持てるように取り組んでいます。就職に関しては、行岡病院をはじめ多くの病院・医療施設とのネットワークを築いているのが大きな強み。希望に合った職場で働けるよう、充実したサポートを行っています。

【取得目標資格】
<看護師(国家資格)>
傷病者若しくは妊娠出産期の母子に対する療養上の世話又は診療の補助を行う看護のプロです。看護師はジェネラリストだけでなく、実務経験5 年以上で特定の分野で専門的な知識と技術を持つ認定看護師や看護系の大学院修士課程を卒業し、看護専門分野を勉強して専門看護師へ進むことも可能です。
学科 歯科衛生科
(3年・女子)
歯科衛生科は、歯科疾患の予防から診療補助まで多岐に渡り、口の健康を継続的にサポートできる歯科衛生士の育成を目指しています。卒業後、すぐに戦力として活躍できるように、実践的な技術を習得できるカリキュラムを整えています。そして、少人数制による教育で一人ひとりの習得度に沿った指導を行っています。実習時間を多くとっていることも大きな特色のひとつ。実習は全員が実技に携われる環境が整っているので安心です。まずは基礎学内実習。基礎から丁寧に指導し、上達すると学生同士で役割を分担し、実践さながらの体験をします。2・3年生になったら、臨床実習として病院や歯科医院などで約1 年半の期間、実際の患者様が受診され治療を受けている中で、診療の補助や病気の予防方法を見学したり、知識と実践をより深く学びます。また、保育園などに赴き、ブラッシング巡回指導実習なども行います。国家試験対策は、3年次に補講や模擬試験を何度も行い、着実に力がつくように取り組んでいきます。

【取得目標資格】
<歯科衛生士(国家資格)>
今、歯科では「予防」という考え方が最先端です。患者様に「痛み」ではなく「快適」をお届けすることが仕事です。歯科衛生士は、患者様の良き健康アドバイザーであり、女性として人間性豊かな感性も磨く事ができる資格です。平成22年度実施の第19回歯科衛生士国家試験では合格率100%と言う快挙を成し遂げました。
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局