google an
東北コンピュータ専門学校[学部・学科]
学科 情報処理本科
情報システムコース
(2年課程・男女)
システム開発中心の実践型カリキュラム!複数言語をマスターし、多方面で活躍できるマルチITエンジニアのプロを育成!

学科の特長

学ぶ内容
卒業研究の高い評価が、「最新ITスキルが学べる指導ノウハウ」と「学生が育つ環境」の証1年次は、情報システム分野の共通カリキュラムで情報処理国家試験に向けて学習。2年次は、より専門的な知識を身につけ豊富な実習でシステム開発力を養います。プログラミング技術やデータベース、サーバ構築などを学び卒業研究に活かします。卒業研究はWeb・ユビキタス関連に定評があり、企業から高い評価を受けています。

カリキュラム
密度の濃い実践型カリキュラムで、幅広く学ぶ!卒業研究で著作権を取得するケースも!Java、C言語、Visual Basic等の多数のプログラミング言語を習得し、プログラムの重要な要素である処理の流れ(アルゴリズム)を考え、プログラム設計及びシステム構築する技術を学びます。ネットワークとデータベースを活用できるWebシステムエンジニアとしての能力開発も行います。卒業研究は企業も注目するほど!

実習
ソフトだけではなく、ハードも学ぶ!最先端スペックのマシンを製作する「組立実習」オフィスソフトやプログラミング、ネットワークなどのIT業界で必須になる知識など、ソフトを中心に学んでいく情報処理本科ですが、2年次にはコンピュータの組立実習を行い、ハードウェアの構造もしっかりと把握した専門性の高い人材を目指します。組み立てるパソコンは次年度製品として発売されるレベルのスペックです。

卒業後
学んだIT専門知識技能を活かし、自分の個性に合った幅広い職種・地域選択が可能!本校の実績や卒業生の活躍により、東北ほか関東方面の多数の企業からも求人があります。幅広いIT専門知識やスキル・資格を活かし、SE・プログラマ・Webデザイナー・Web開発エンジニア・ネットワーク技術者・システムアドミニストレータ・OA機器インストラクターなど、自分の個性に合った幅広い職種・地域選択が可能です。

資格
国家試験の午前試験が免除!(基本情報技術者試験)本校は基本情報技術者試験(国)午前試験免除校に認定されており、本校独自の試験対策(午後試験)を集中的・効果的に行うことで、国家資格の取得に有利になります。中には難関の、応用情報技術者試験(国)を取得する学生も。この他、C言語・Java認定、情報検定(情報システム試験)など多彩な資格取得を目指します。

施設・設備
本校のオリジナル最新ノートパソコンによる「フルタイム学習」学生はハイスペック(高性能)のノートパソコンを携帯し、学校では高速ギガビットLANに接続、ネットワークからセキュリティまでトータルで実習を行うほか、学外でも課題や実習を行う「フルタイム学習」で徹底サポート。国家試験に合格すると「負担金返還(制度)」があり、国家資格取得のモチベーションUPとなっています。



目標とする資格応用情報技術者試験<国>

基本情報技術者試験<国>
情報処理技術者能力認定試験 (1〜3級)
C言語プログラミング能力認定試験 (1〜3級)
情報検定(情報システム試験)【J検】 (プログラマ認定・システムエンジニア認定)
情報検定(情報活用試験)【J検】 (1〜3級)
マイクロソフト オフィス スペシャリスト (Word・Excel・Powerpoint)
Java【TM】プログラミング能力認定試験 (1〜3級)
Visual Basic(R)プログラミング能力認定試験 (1〜3級)
日商簿記検定試験 (2〜3級)
簿記能力検定試験 (2〜3級)

ビジネス能力検定 ジョブ パス【B検】(2〜3級)
Oracle認定Javaアソシエイツ(OCJ-A)
Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)
■学費
初年度納入金2014年度納入金 93万円 (入学金、実験実習費、教育充実費を含む。教科書代、教材費、学友会費は別途)
■就職先
・主な就職先/内定先 エム・ツー・エム、アイ・オーダー、アデックス、エランド情報センターゼロ、ダイキエンジニアリング、エスイーシー、津軽事務機、吉川工業、アイ・テー・ビー、藤産業ほか ※2013年3月卒業生実績 システムエンジニア、Webデザイナー、ネットワーク技術者、主にソフトウェア業界の分野で活躍できます。
学科 情報処理科
情報システムコース / 情報ビジネスコース (1年課程・男女)
高いIT技術とスキルを有し、企業が求めるビジネスエキスパートを育成!

学科の特長



学ぶ内容
システム活用中心のコースとビジネス専攻のコースに分かれて最新ITスキルを習得情報システムコースは、1年前期に2年課程との共通カリキュラムで情報処理国家試験に向けて学習。後期は、システム活用からシステム開発まで自分の目的目標に沿って科目を選択し学習します。情報ビジネスコースでは、簿記・医療事務・パソコンを3本柱とし、一般事務や経理事務、医療事務、インストラクター等を目指します。

カリキュラム
凝縮された1年間で、ビジネス実務で活かせるIT知識・技術を習得!ビジネス分野では欠かすことのできないアプリケーションソフト(文書作成・表計算)、Web、データベースなど幅広い知識や理論を学習し、実践的活用スキルを習得します。この他簿記や秘書実務、ビジネス能力など、ビジネスシーンで必要とされる科目も学び、即戦力として活躍できる人材を育成します。

学生
IT知識や資格の必要性を感じ、社会人入学者が増えています!本校では積極的に既卒者や社会人入学者を受け入れており、近年では大学・短大を卒業した方や社会で様々な経験・活躍をした方が、IT知識やスキル・資格の必要性を強く感じ入学するケースが増えています。IT関連の職種は年齢に左右されることが少なく、スキルUPや夢の実現に向け多くの方が励み、将来の可能性を広げています。

卒業後
自分の個性に合った、幅広い職種・地域選択が可能!本校の実績や卒業生の活躍が評価され、東北のほか関東方面の多数の企業からも求人があります。IT専門知識やスキル・資格を活かし、Webデザイナー・ネットワーク技術者・システム管理者やビジネス分野では事務や医療事務など個性に合う職種・地域選択が可能です。また情報処理本科(2年制)への編入学もできます。

資格
国家試験の午前試験が免除!(基本情報技術者試験)本校は基本情報技術者試験(国)午前試験免除校に認定されており、本校独自の試験対策(午後試験)を集中的・効果的に行うことで、国家資格の取得が断然有利になります。この他、文書デザイン検定、情報検定(情報活用試験)、ワープロ・表計算検定、簿記・秘書検定など、数多くの資格取得が可能で、就職にも非常に有利です。

施設・設備
本校のオリジナル最新ノートパソコンによる「フルタイム学習」学生はハイスペック(高性能)のノートパソコンを携帯し、学校では高速ギガビットLANに接続、ネットワークからセキュリティまでトータルで実習を行うほか、学外でも課題や実習を行う「フルタイム学習」で徹底サポート。国家試験に合格すると「負担金返還(制度)」があり、国家資格取得のモチベーションUPとなっています。


目標とする資格基本情報技術者試験<国>

情報処理技術者能力認定試験 (2〜3級)
情報検定(情報システム試験)【J検】 (プログラマ認定・システムエンジニア認定)
Java【TM】プログラミング能力認定試験 (2〜3級)
C言語プログラミング能力認定試験 (2〜3級)
情報検定(情報活用試験)【J検】 (1〜3級)
マイクロソフト オフィス スペシャリスト (Word・Excel・Powerpoint)
日商簿記検定試験 (2〜3級)
簿記能力検定試験 (1〜3級)
秘書技能検定 (2〜3級)
医療秘書技能検定試験 (2〜3級)

経理実務士
ビジネス能力検定 ジョブ パス【B検】(2〜3級)
文書デザイン検定(1〜3級)
日本語ワープロ検定(1〜3級)
医事コンピュータ検定試験(2〜3級)
所得税法(2〜3級)
法人税法(2〜3級)
消費税法(2〜3級) ほか
■学費
初年度納入金2014年度納入金 90万円 (入学金、実験実習費、教育充実費を含む。教科書代・教材費・学友会費は別途)
■就職先
・主な就職先/内定先 横浜ファーマシー、日本レストランエンタープライズほか ※2013年3月卒業生実績 Webデザイナー、ネットワーク技術者、システム管理者、会計事務、一般・医療事務等の分野で活躍できます。
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]東北コンピュータ専門学校の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局