google an
女子美術大学(杉並キャンパス)[学部・学科]
学科 美術学科
洋画専攻
■絵画を中心として最先端の美術表現を学ぶ。

1年次では観察を基に画面構成、空間表現、描画法を習得するほか、「素材」「テーマ」「手法」のいずれかを起点としてより柔軟に制作にアプローチします。2年次からは絵画コースと版画コースに分かれ、平面、立体表現、映像メディア、版画の制作を通し、個々の目指す表現を専門的に追究していきます。
学科 美術学科
日本画専攻
■伝統的な手法を土台に、新しい日本画をめざす。

日本画制作のための技術や知識の習得はもとより、各方面から講師を招き、屏風の試作、筆の制作、箔・切金実習、三椏の刈り取りから行う紙漉き、篆刻実習、造粒・蒸着による岩絵の具製造、粉砕法による岩絵の具製造などを学びます。岩絵の具の実験製造と科学的研究においては工学部にも匹敵する設備を有しています。
学科 美術学科
立体アート専攻
■あらゆる素材から、自在にアートを形にする。

彫刻という枠を超え、粘土・紙・木・石・金属という基本素材についての知識や加工技術を身につけ、その特性を生かした作品制作を行います。3年次以降から自分にあった素材を選び制作を行うため、自分に合った素材に出会えるよう、1・2年次では各素材に触れる時間を十分にとり授業を行います。
学科 美術学科
美術教育専攻
■創ること、描くこと。その喜びを伝えられる美術教員に。

美術教育専攻では、絵画、彫刻、工芸、デザインの各領域にまたがって幅広く表現の技術を学びます。また、美術学科に設置されている利点を生かして、たとえば絵画ひとつとっても、水彩画、版画、油彩画、日本画など多様な表現法の習得を目指します。さらに、卒業後、教員として必要な基礎的な美術理論、実践的な美術教育理論を学びます。
学科 美術学科
芸術文化専攻
■アートを学ぶことで、グローバルに活躍する"教養人"をめざす。

日本で、世界で、アートやカルチャーを自在に発信し、受信する力を身につけること。 それこそが、本専攻で育んでいく未来です。ポップカルチャーやサブカルチャーを含む古今東西のアートを、歴史・理論・視覚という3つの観点から幅広く学ぶことで、従来からのアートや世の中に対する既成概念を一旦リセット。
たくさんの作品と向き合うなかで大いに思考し、ディスカッションを通じて成果を発表する。その繰り返しのなかで、独自のアート理論を構築し、アートを媒介に社会とつながるための素地を固めていきます。
学科 デザイン・工芸学科
ヴィジュアルデザイン専攻
■ヴィジュアルコミュニケーションの進化形を探求する。

日常生活をとりまく社会の中からテーマを考え、広告、ポスターや商品パッケージ、写真、編集、CM、Webコンテンツ、アニメーションの企画制作といったトータルアートディレクションを学びます。1年次から4年次までの間に、基礎から専門的な各デザインに応用・展開し、表現として突きつめていきます。
学科 デザイン・工芸学科
プロダクトデザイン専攻
■技術と完成を両軸とするプロダクトデザイナーに。

実践を通して「考える」発想力、「創る」技術力、「伝える」表現力を高め、家具・玩具・照明器具・インテリア雑貨・食器・文具・装身具・ストリートファニチャー・パッケージなどの製品デザインや、コミュニケーション・インターフェイス・遊び・暮らしなどの企画・提案を学びます。
学科 デザイン・工芸学科
環境デザイン専攻
■家具から都市まで、あらゆる環境をテーマに。

より快適な生活空間のデザインを目指して身体を取り囲むあらゆる外部・内部空間の企画・デザインを行います。具体的には、家具・ディスプレイデザイン、店舗や住宅のインテリア・建築デザインから、公園・庭園などの景観デザイン、街並などの都市デザインの企画・デザイン・コーディネーションまでを学びます。
学科 デザイン・工芸学科
工芸専攻
■伝統の継承と、現代の創作を両輪に。

確かな伝統工芸の知識・技術を習得するとともにデザイン力・表現力を習得し、時代に即応した工芸作品を創造します。1年次では工芸(テキスタイル<染・織・刺繍>、陶・ガラス)の素材と技法の基礎を学び、2年次では「染・織・刺繍」「陶・ガラス」いずれかの分野を選択、3年次からはさらに専門に分かれて学びます。
学科 アート・デザイン表現学科
メディア表現領域
■テクノロジーを駆使して心に響く創作を。

アートとデザインの未知数の可能性が期待される中、斬新な発想と感性をもったクリエイターの育成を行います。自己のイメージや発想を視覚化して発信するためのデジタルメディアに関する技術を身につけると同時に、時代に即したコンテンツ作りを学びます。
学科 アート・デザイン表現学科
ヒーリング表現領域
■癒しを目的としたデザインとアートを追求する。

ヒーリングアートとは「さわやかな気分になって、心が落ち着く効果を目的とした芸術」です。社会とのつながりと重視し「社会が求めるヒーリングとは何か」を創作と理論の両面から探りながら、ヒーリングを目的としたキャラクターデザイン、絵本、ぬいぐるみ、玩具、壁画、空間デザイン、ワークショップなどを学びます。
学科 アート・デザイン表現学科
ファッションテキスタイル表現領域
■ファッションとアートの交わる場所。

染・織・編のテキスタイルの技術や知識を学ぶとともに、色・柄・形などデザイン性や機能性を生かし、デザインとアートの視点から、創造性・独自性のある総合的な衣服制作を行います。衣服制作において大事な要素となっている衣食住や日本の繊維文化・衣服文化などについても学んでいきます。
学科 アート・デザイン表現学科
アートプロデュース表現領域
■優れたアートを、世に広めるために。

美術、音楽、演劇、映像など、人と社会をつなぐアートプロデュースの実践を学びます。各ジャンルの一第線で活躍するプロデューサーやディレクターが講義を担当。大切なことは「見て」「聞いて」「体験する」こと。そこから得た身体化された経験を大切に「真実のアートの場所」を作る試みを実践的におこないます。
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]女子美術大学(杉並キャンパス)の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局