google an
了徳寺学園医療専門学校[生徒の声]
?橋 梓さん
柔整科 昼間部2年

より多くの患者様の痛みを取ってあげられる医療人になりたい。

高校時代はバレーボールをしており、スポーツをする人のためにスポーツトレーナーになりたいと考えるようになりました。そんな折、スポーツトレーナーをされている父の友人から「柔道整復師」の資格取得を勧められ、柔整科への入学を考えはじめました。また、人のためになることをしたい、まずは身近なところからと考え、ボランティア活動に興味を持ち、活動もしてきました。
了徳寺学園の説明会で、東日本大震災時の医療人たちによるボランティア活動のお話をうかがい、強い共感を覚え、了徳寺学園への入学を決意しました。
将来は、人のためになる事として、より多くの患者様の痛みを取ってあげられる医療人になりたいと考えています。

山本 昌吾さん
鍼灸科 昼間部2年

患者様が気持ちよく通える治療院、医療人を目指しています。

柔道整復師の資格を取得した後、鍼灸師の資格を取ることで、より施術の可能性が広がると考え、鍼灸科への入学を決めました。
高校時代にはテニスをしており、ケガをすることも多く、接骨院で治療とケアに通っていました。そして自分も医療人になりたいと考えました。
今は朝はパン屋でアルバイト、午後は授業に出て、夕方から接骨院でアルバイト。忙しいですが、東洋医学の視点から身体の仕組みを学ぶことはとても新鮮で、特に解剖学はより深く専門的になりますので面白いです。
将来にむけて、より多くの知識・技術を身につけ、患者様が気持ちよく通える治療院、医療人を目指します。

木村 優花さん
鍼灸科 昼間部2年

スポーツを頑張る人たちを支える人間になりたい。

今までスポーツをやってきた中で色々な接骨院の先生方にお世話になってきました。そして自分もスポーツを頑張る人を支える人間になりたいと考え始め、鍼灸師への道を志しました。通っていた接骨院の先生が了徳寺学園の卒業生でしたので、私も了徳寺学園に決めました。
学園生活では、高校の頃と違って、みんなが国家試験に合格し医療人になる、という共通の目的、目標を持っているので、楽しく刺激し合いながら過ごしています。
鍼灸師の資格を取った後は柔道整復師の資格も取得して、多方面のアプローチで施術できる、そんな医療人になりたいと考えています。

青木 秀太さん
柔整科 昼間部2年

どのような状態の患者様にも対応できる医療人になりたい。

父と叔父が柔道整復・鍼灸の治療院を営んでおり、患者様を直す姿を身近に見ていたこともあり、柔道整復師になることを考え始めました。体験学習会の授業が分かりやすく、また叔父が卒業生だったこともあり、了徳寺学園への進学を決めました。
今は叔父と同級生だった当学園教員の五十嵐先生の接骨院でアルバイトをしながら通学しています。勉強もアルバイトも、覚えなくてはならないことは沢山あり大変ですが、自分がやりたいことを学んでいると実感できますし、やりがいを感じています。
将来は、どのような患者様にも対応できる医療人になりたいと考えています。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]了徳寺学園医療専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局