google an
湘央生命科学技術専門学校[生徒の声]
小島和也
応用生物科学科 バイオコース2年

【応用生物科学科 バイオコース】基本中の基本から、皆でまなぶ学校です

高校生になってから生物や化学に興味を持ち始め、進学にあたっていろいろな資料を見るうちにバイオテクノロジーのことを知り、自分の進路はこの方面かなと思うようになりました。大学も受験したのですが、その後、湘央学園のリーフレットをもらう機会があり、そこに記載された「バイオへの道が拓かれる!」といったキャッチコピーに正直惹かれたのが、こちらに入学するきっかけでした。学校見学会では、大学への編入学も可能、逆に大卒者が湘央に学びにくる例もあるといったことを聞き、実習体験もかなり実践的で、いろいろな意味で自分のためになるなと思い入学を決めました。いざ入学すると、実習ではまず器具の洗い方から学びますが、先生曰く、これは実際の職場では当たり前の手順、基本中の基本とのこと。今では遺伝子操作の初歩といったことまで踏み込んでいますが、こうした実践的な教育は、大学にはない良さだと思っています。

龍 麻梨絵
応用生物科学科 動物看護コース2年

【応用生物科学科 動物看護コース】すごい先生方から直接学べる!幸せです

私には、家がペットショップを経営している友人がいて、小さい頃からよくそこに遊びにいっていたことから、自然と動物が身近に思えるようになっていました。また、自分の家でも犬を飼っていて、動物看護師の方のお世話になったこともあり、とても意義ある仕事だと感じました。進学にあたっても、動物看護を扱う大学を受け、その後に湘央学園を受験しました。そして、技術を学ぶなら少人数の専門学校の方がいいと思い、入学を決めました。歴史ある湘央学園の中では、「動物看護」は新しいコース。私の同期は16名ですが、これから後輩がどんどん増えそうとのことで、楽しみと同時に責任も感じますね。授業では、大学でも教えていらっしゃるすごい先生(知っている人が聞いたらびっくりするような方々らしいです!)が講師として教えてくれることもあり、とても恵まれている環境だということに、今さらながら気づきます。将来はアニマルセラピーなどにも関わりたいと考えながら、日々勉強、実践の毎日を送っています。

山中 一毅さん
救急救命学科3年

【救急救命学科】現場を知り尽くした救急救命士として、長く活躍するのが、今の目標です。

高校では野球部に在籍し、厳しい練習の日々を過ごしていましたが、ある時高校に置いてあったパンフレットに「湘央学園」のものがあり、「救急救命学科」という文字に強く惹かれました。
読んでみると救急救命士教育のパイオニアであり、3年間で取れる資格、高い就職率、本格的な医学の授業、プロの方による実習など、わくわくするような説明があり、大学進学を選択肢から外し、迷わず入学を決めました。
いよいよ最終学年になりましたが、夢は消防で活躍する「救急救命士」。
湘央学園では、イチから学ぶので、高校での専攻や自分の体力などはあまり気にせず、やる気と目標さえ持てば、夢は達成できると感じます。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]湘央生命科学技術専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局