google an
湘央生命科学技術専門学校[先輩の声]
遠藤 紗桜里
2012:卒業
「先を読める」動物看護師を目指してがんばっています

常に獣医師の先生の動きの先を読めるようになって、周囲のスタッフや治療を受ける動物に貢献できる、そんな動物看護師になろうと考えています。

Q:そもそも動物看護の分野に興味をもたれたのは?

A:自分の家で飼っていた犬が、腫瘍性の病気になったことがあり、動物病院に大変お世話になったのですが、その時に「動物看護師」という職業の存在も知りました。そんな経験から自分も動物と関わる仕事に就きたいと思うようになりました。

Q:現在のお仕事の内容とその面白さ難しさは?

A:動物看護師は、獣医師の補助、動物達の様子の観察、薬の知識や応急処置などに精通する必要があり、多くの知識とスキルが要求されます。今ある自分の知識とスキルを総動員し、少しでも役立つことで、結果として動物達が元気になっていくのを見ると、とても幸せな気分になります。

Q:後輩や動物看護師を目指す方へ応援メッセージを

A:学校の実習と実際の現場は全く違うとよくいわれ、確かにそうなのですが、湘央学園で学んでいることは必ず役に立つと思います。また、仕事として動物達と向き合うのはたいへんではありますが、本当に楽しく、充実した毎日になりますよ。

伊藤 辰哉
2007:卒業
湘央で学んだことが今の自分のベースとなっています。

「何でも出来る」ことも大事ですが、まずは「これは誰にも負けない」という強みをつくるために、興味を持ったことをとことん追求してみてください。

Q:現在のお仕事の内容は?

A:医薬品開発における動物実験を担当しています。具体的には薬の候補物質の投与、観察、採血、病理剖検やモデル動物作製のための外科手術なども行っています。

Q:入学してよかったこと、現在役立っていることは?

A:在学中に教わった基礎知識、実験技術、実験動物に対する心構えなど、すべてが現在の自分のベースになっています。また、学会や研究会などで湘央学園の卒業生に会うことも多く、そうしたことから人脈づくりができるのも湘央学園ならではと思います。

Q:お仕事の面白さ、難しさは?

A:多くの労力と時間をかけて研究してきた薬の候補物質について、十分な安全性と薬効を検証する動物実験は, 得られた結果によって臨床試験(ヒトでの試験)を実施する価値があるかを判断する重要な役割があり、責任重大であると同時に、それが大きなやりがいになっています。難しい点といえば、動物のかすかな変化を感じることであり、動物の健康状態や気持ちを理解することが一番難しいと感じます。

根木竹史
2002:卒業
在学中も、卒業してからも仲間とつながっている、そんな気がします。

救急救命士は、その仕事柄危険な現場や悲惨な場面に立ち会うことも多々あり、決して楽な仕事ではありません。どの隊員も毎日身も心も削りながら仕事をしています。しかし、その分やりがいもたくさんあり、患者さんを救うことができた時の喜びは何物にも代えられません。

Q:そもそも救急医療に興味をもたれたのは?

A:きっかけはドラマ「ER・緊急救命室」の影響です。生と死の境にある人をあらゆる手段を駆使して助ける、その緊迫した瞬間にドキドキした記憶があります。ただ、明確にこの道を目指そうと思ったのは、身近な人が突然の不幸にあったとき何もできない人間にはなりたくない、と思ったことです。

Q:入学してよかったこと、現在役立っていることは?

A:良き仲間に出会えたこと、それに、神奈川県内に就職したこともあって、知っている医師や先輩方がおり、安心感がありますね。また、卒業後全国に散った仲間も同じように頑張っているので、とても励みになります。情報交換も盛んですよ。

Q:現在のお仕事の内容とそのやりがいは?

A:現在、救急隊の一員として病気や怪我をされた方に応急処置を行ない、適切と思われる医療機関に救急搬送する業務を行なっています。この仕事は、時として食事がとれない、眠る時間が限られるなど、決して楽な仕事ではありませんが、病院に搬送されるまでの救急救命士の役割は非常に多く、そのすべてが命を救うためのものなのでとてもやりがいがあります。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]湘央生命科学技術専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局