google an
九州保健福祉大学総合医療専門学校[生徒の声]
桝田 眞世
鍼灸学科

スポーツトレーナーとして、患者さんを応援したい

私が初めて鍼灸治療を受けたのは中学生の時で、そこから興味を持ち始めました。高校ではソフトテニスに打ち込んでいましたが、満足できる結果で終われず、ずっと気持ちが晴れずにいました。そこで、自分は選手としてではなく、サポートする側でまた頑張ってみようと思い、鍼灸の資格を取ろうと思いました。本校の授業は午後からなので、時間の使い方次第で効率よく勉強することができますし、先生方が国家試験の過去問題対策も丁寧に教えてくださるので安心です。モットーは、患者さんに『また明日から頑張っていこう』と思ってもらえるような治療をすること。卒業後はスポーツトレーナーとして鍼灸治療をいかしていきたいと考えています。

濱砂 のぞみ
鍼灸学科

信頼される鍼灸師を目指して

高校の部活動中に負ったケガがきっかけで、初めて鍼灸院で治療を受けました。それから鍼灸治療を受ける機会が増え、今度は『自分が誰かをサポートしていける側になりたい!』と思うようになり入学を希望しました。また、今までお世話になった方々の力になりたい、大学の時に学んだスポーツ学も生かした職に就きたいという思いもありました。授業では、先生と生徒の絆が強く、先生方は小さなことでも丁寧に指導してくださいます。実技の時間が多いので、しっかりとした技術を身につけられるのも、本校の魅力の一つです。今後は、たくさんの経験を積み重ね、信頼される鍼灸師になり、鍼灸院を開業することが私の目標です。

木村 晋
鍼灸学科

まずは開業。そして海外へ!

私には元々、お客様から直接『ありがとう』と言ってもらえる仕事に就きたいという思いがありました。また東洋医学の『気』のように、科学で説明しきれない部分に魅力を感じ、人間本来の『自然治癒力』を高める治療方法や考え方にも興味を持っていたことから、鍼灸について学ぶことにしました。本校に入学して、同じ志を持つよい仲間にめぐり逢えたと思っています。また、熱心な専任教員に加え、医師や大学教員などが教育指導にあたってくれます。卒業後の目標は、まず開業すること。そして、チャンスがあれば、海外のライセンスを取得し、グローバルに動けるスペシャリストになりたいと思っています。

玉置 真士
鍼灸学科

目の前の患者さんを幸せにしたい

柔道整復師として働いている整骨院で、鍼灸の素晴らしさを身近に体験してきたことから、自分も鍼灸を学びたいと思いました。『ひとりでも多くの患者様を救いたい』、その選択肢を増やすのに鍼灸はとても心強いと考えています。本校の学びは、とにかく基本に忠実であり、鍼灸の基本をとても大事にしています。技術、知識はもとより、心意気を大事にしてくれる点も、入学して良かったと感じていることの1つです。卒業後は開業することを目標としていますが、有名にならなくてもお金を稼がなくてもいい。ただとにかく一生懸命、目の前にいる患者様を幸せにしていきたい。その結果、鍼灸が更に社会に貢献できる、携えをしていきたいです。

河野 真梨
看護学科

あこがれを現実にしたいから

ずっと、看護師という職業に憧れをもっていました。本校に入学を決めたのは、自分の親戚に看護師がおり、その人がこの学校の出身者だったので、話を聞いているうちにこの学校で学びたいと思うようになりました。また、学校見学会で実際に学科の説明を詳しく聞けたこと、先生方や先輩方に親切に教えていただけたことも大きかったです。入学後しばらくは、講義時間やスケジュール等に慣れるまで苦労しましたが、最近は息抜きや休日などを利用した気持ちの切り替えやメリハリが身につき、充実した毎日を送れています。今後は、しっかりと勉強して、国家試験に無事に合格できるよう頑張っていきたいです。

工藤 雅史
看護学科

同じ目標をもつ仲間とともに

私が看護師を志した理由。それは、病院の集中治療室へ運ばれた祖母のもとに駆け付けたときのことです。私は、ショックで佇んだまま涙を流すだけで、祖母に話しかけることもできませんでした。そのときに、自分の無力さを痛感したと同時に、看護の知識や技術を身につけ、手助けしたいと思うようになりました。本校の看護学科は、クラス全員の仲が良く、年齢層も幅広いのでいろいろな話が聞けますし、相談もできます。授業や実習は大変ですが、一緒に乗り越えてゆける友人に出会うことができました。今後は、まず学校での授業を大事にして毎日の学習を積み重ね、どんな状況に置かれても柔軟性を持って対処できる力を伸ばしていきたいです。

門田 菜摘
看護学科

「看護師になる」幼い頃からの夢です

私は幼い頃、病院に通うことが多く、その時に接してくれた看護師がとても温かく優しくて、将来は私も看護師になりたいと思うようになりました。ですので、看護学科のある学校に進学することは私のーつの目標でした。高校に入学後、担任の先生からこの学校を紹介していただき、地元で看護について学びたいと思い進学しました。私のクラスは年齢層が幅広いため、様々な年代の人と触れ合うことができます。また、学校の先生をはじめ、周りにいる友達や先輩方が優しいことも入学して良かったと感じます。今後の目標は国家試験に合格できるように学力を身につけていくことです。そして、小学校の頃からの夢である看護師になりたいと思います。

中山 千奈
看護学科

患者さんを笑顔にできる看護師へ

私は、もともと医療系の仕事に興味があり、英語が好きだったため英語を生かせる仕事に就きたいと考えました。また、人と接することも好きなので、看護師の資格を取得し、世界で活躍できたらと思っています。授業内容は大変と感じることもありますが、そのおかげで毎日がとても充実しています。この学校は、先生方や先輩方のサポートが手厚く、設備も大変充実しているので、学生が安心して勉強できる環境が整っていると思います。私が将来目指しているのは、どんな時でも笑顔でいることのできる看護師です。そして、患者さんを自然と笑顔にできるような看護師になりたいと思っています。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局