google an
東京福祉保育専門学校[先輩の声]
小方 聡子
2011:卒業
こども達の笑顔と『ありがとう』」が最高の喜び

保育士資格取得
幼稚園教諭2種免許状取得
2011年 東京福祉大学短期大学部こども学科通信教育課程も卒業

Q:保育士を目指したきっかけは?

A:私自身が幼稚園に通っていた頃、担任の先生が大好きでした。そんな先生に憧れていた私は、こどもと関わる仕事を目指そうと思い、保育士と幼稚園教諭の免許が取れる東京福祉保育専門学校に入学しました。学校での勉強をはじめ、ボランティアに参加し、保育実習や幼稚園実習を実際に経験してみて、保育園の方が自分に合っていると思い、保育士になろうと決めました。

Q:現在のお仕事について教えてください。

A:3歳児クラスを2人担任で担当しています。
保育園の周りは、自然に囲まれていて山や川があります。園庭で遊ぶこともありますが、山や川に散歩に行き、自然の中で遊ぶことも多く、散歩で集めたどんぐりなどの自然の物を使って製作をしています。
大変なこともありますが、こども達の楽しそうな、嬉しそうな笑顔を見た時、また保護者の方から「ありがとう」と言っていただいた時、「保育士になって良かった」と、この仕事の喜びを感じます。

Q:保育士を目指すみなさんへ

A:保育士は、決して楽な仕事ではないし、体力もとても必要な仕事です。こども達と遊ぶだけの楽しい仕事ではなく、実は書類を書くこともあるし、行事の準備もいっぱいあって大変なこともあります。でもその分、こども達との関わりの中で愛情や喜びをもって働ける、とてもやりがいのある仕事だと思います。
私の学生時代は、勉強はもちろんですが、遊びも全力でした。そんな学生時代を過ごした学校の友達が、今では何でも相談できる仲間です。
保育士は、こども達の見本にならなければなりません。だから、こども達の見本になれるよう、あいさつや食事のマナーなど、一般的な基本的マナーは、今から身に付けておくと良いと思います。
私は将来、こども達が「小方先生みたいな先生になりたい」と思ってもらえるような保育士を目指して頑張っています。
みなさんも、勉強だけではなく、たくさんのことを学んで、素敵な保育士になってください。

八嶋 みな美
2008:卒業
「できない」が「できる」になる瞬間がいっぱい。毎日がワクワクです。

保育士資格取得
幼稚園教諭2種免許状取得
2008年 東京福祉大学短期大学部こども学科通信教育課程も卒業

Q:保育士を目指したきっかけは?

A:母親が保育士だったこともあり、小さい頃から保育の仕事は身近なものだったんです。でも、高校の頃は、将来の道を保育だけに決められなくて、福祉関係の資格も取れる東京福祉保育専門学校に入学しました。
在学中に行った保育園での実習を通して「やっぱり子どもと関わりたい!」という思いが強くなり、改めて保育士を目指そうと思いました。

Q:現在のお仕事について教えてください。

A:私の担当する2歳児クラス24人は、成長まっただ中の時期。昨日できなかったことが今日できるようになったり、「イヤイヤ期」とも呼ばれる第一次反抗期を通 して自我が生まれるので、体も心もめまぐるしいんです。そんなこども達を温かく見守りながら、成長に寄りそっていきたいと強く思います。
保護者の方から「保育園で教えてくれたおかげで色々なことができるようになったわ」と言っていただけるなど、やりがいも大きいですね。

Q:保育士を目指すみなさんへ

A:子どもって、大人のことをとてもよく観察しているんです。先生に自信がないと、言うことを聞いてくれなかったり、反応さえしてくれなかったり。だから、信頼される心と技術を持つことで、子どもたちとの間に強い絆が生まれると思います。学生時代に学ぶ手遊びやパネルシアターは、保育の現場ですぐに役立つので、特に力を入れて欲しいですね。ただ、子どもはなんでもお見通しなので、適当に作ったり覚えたりしたものでは興味を示してくれません。自信をもって「こどもたちの前でやれる」と思うまで練習したものを沢山用意しておくことが大事です。
子どもたちは本当に可愛いので、ぜひ一緒に彼らの成長に関わっていきましょう。

高橋 和哉
2004:卒業
お年寄りが好きな人にとっては、介護の仕事はまさに“天職”です!

介護福祉士資格取得
介護支援専門員(ケアマネージャー)資格取得

Q:現在のお仕事について教えてください。

A:介護福祉士として6年間現場で働き、現在はショートステイの責任者として、働いています。ショートステイとは、普段は家で生活しているお年寄りの方を一時的にお預かりする制度。ご家族が旅行に行く時にどうしてもお年寄りの方が一緒に旅行に行けない時や、介護されているご家族が病気などになって、お年寄りの方の生活の支援が出来ない時などに行われます。ショートステイの利用を希望されるご家族からの電話相談や受け入れの調整、利用者の方の車での送迎などを行っています。

Q:介護福祉士の仕事の魅力ややりがいは?

A:福祉の道に進むことに家族からは反対されました。多忙でありながら給与水準が低いというこが主な理由でした。でも、実際に働いてみると、お金には換えられない「やりがい」があるんです。滞在していただく高齢者の方はもとより、ご家族からも喜ばれること、これがなによりもやりがいを感じます。給与もみなさんが思うほど悪くないですよ。

Q:これからの夢は何ですか?

A:昨年10月にケアマネージャー試験に合格しました。ご利用者様とご家族との橋渡し役として、今後はケアマネージャーの仕事をしていきたいと思っています。長年、介護の現場に立ち仕事を肌身で覚えてきましたが、介護保険は2年ごとに内容が細かく変わり、その全てを知らなくては介護全体を把握することが難しいのです。また、自分自身のスキルアップのために、この資格を取りました。
もうひとつの理由としては、やはり現場は早番、遅番、夜勤などもあって不規則な勤務ですが、事務仕事をするようになればその問題はなくなり、長い目で見てずっと働いていけると考えたことが挙げられます。
これからも、一生を通じて高齢者の方と関わる仕事をしていきたいです。

鈴木 麻美
2009:卒業
こども達の笑顔が私の元気の素!

保育士資格取得
幼稚園教諭2種免許状取得
2009年 東京福祉大学短期大学部こども学科通信教育課程も卒業

Q:幼稚園教諭を目指したきっかけは?

A:最初に幼稚園の先生になりたい!と思ったのは、私が幼稚園に通っていたときでした。いつも一緒に遊んでくれていた優しく、可愛い担任の先生に憧れたことがきっかけだったんです。同時に、ピアノを弾くことも大好きで、「将来の夢はピアノの先生か幼稚園の先生」と、小学校の文集にも書いたほどでした。
高校生になって進路を決めるときにもその2つの道で迷ったのですが、保育関係の仕事なら、どちらも叶うことに気がついたんです。
専門学校と短期大学部の通信教育で学び、保育士と幼稚園教諭の資格を取得しましたが、こどもたちの日常生活をサポートすることに加えて、音楽や絵画などの楽しさを教えることができる幼稚園の仕事に魅力を感じて、幼稚園教諭を選びました。

Q:現在のお仕事について教えてください。

A:ずっと憧れだった幼稚園教諭として働き始めて4年になり、現在は、年中クラスの担任をしています。その間、年中さんや年少さんのクラスを受け持ちました。
入園したての頃には、まだ本当に幼くて、泣いてばかりいたり、お話するのも給食を食べるのもおぼつかなかったりしていた子どもたちが、日に日に成長していく姿には、感動しっぱなしです。自分の受け持ちの子たちをはじめ、他のクラスの園児たちまで「まみ先生、大好き!」「一緒に遊ぼう!」と声をかけてくれると、この仕事を選んで良かったと心から思います。元気いっぱいの子どもたちから、毎日たくさんのエネルギーをもらいながら、子どもとともに、自分も成長できる、やりがいのある仕事だと感じています。

Q:幼稚園教諭を目指す方へ

A:幼稚園には、1年を通して行事が盛りだくさん。運動会や発表会、おいも掘りにクリスマス会などなど、子どもたちと楽しい時間をたくさん共有できます。そして、行事をやり終えたときの達成感は格別です。
園児たちが巣立っていく卒園式の日は毎年大泣きしてしまいますが、小学生になっても遊びに来てくれる子どもたちの笑顔に、また元気とやる気をもらっています。こどもと接することが好きな人なら、充実した時間を過ごせる職場ですよ。
こどもたちは、明るく元気な皆さんのことを待っています。ぜひ、夢に向かって頑張ってくださいね。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]東京福祉保育専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
スクール一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局