google an
東京YMCA国際ホテル専門学校[生徒の声]
山下 圭太(内定先:ミリアルリゾートホテルズ)
ホテル科

印象に残るホテルマンになりたい

私がYMCAを選んだ理由は「本物のホテルで学べる」ということでした。高校時代にいくつかのホテル学校を見学しましたが、どの学校も施設自体はYMCAよりも数段素晴らしかったです。ただ、YMCAには学校に設備が無いからこそ、本物のホテルの中で授業をやってくれる。自分たちで清掃してベッドメイクをした部屋に宿泊するという体験はとても貴重でした。
入学してすぐに行われる新入生オリエンテーション合宿では準社会人として大切なことを学びました。2年次にはサポート役として参加させていただき、後輩にホテルマンとしてどうあるべきかなど、想いを伝えるにはどうすればよいかを考える良い経験が出来ました。
実習ではシティホテルのみならず、リゾートホテルにも参加しました。その時にファミリーのお客様を対応している時が一番自分らしさを出せると感じたので、ミリアルリゾートホテルズを就職先に選びました。独特の世界観がある場所ですが、その中でも自分という1人のホテルマンが、お客様の印象に残るような存在になりたいと思っています。

五十嵐 遥香(内定先:帝国ホテル東京)
ホテル科

新しい自分になれたキーワードは「顔晴る!」

小さい頃は人と目を合わせられないし、とても内気な子供でした。それがYMCAの2年間で劇的に変わりました。ここはホテルマンになるための学校ですが、それ以上に人として成長できる場所です。
内気なくせに小学生からホテルウーマンを夢見ていて、高校に入るとすぐにホテルの専門学校を探しました。高校2年生の時にYMCAの学校説明会に行き、先輩たちを見たときに「私もこういうふうに変わりたいんだ!」と、そのキラキラした姿に憧れたのを覚えています。
一番自分が成長したのはホテル実習です。ホテルの仕事は、常に視野を広くして困っている方がいればすぐにお声がけして対応しなければなりません。それを続けていくうちに、内気な自分が変わっていきました。今では町中で困っている人を見つけてもすぐに声をかけることが出来ます。
親からは「帝国ホテルまんて無理じゃない?」と言われていたのですが、ずっと昔からの夢だったので挑戦しました。教務から「顔晴る(がんばる)」という言葉を教わりました。ホテルウーマンの「がんばる」は頑張るではなく、顔を晴れやかに「顔晴る」。これを胸に就職活動したのが良かったと思います。

大向 洋介(石川県輪島市 ねぶた温泉「海遊 能登の庄」後継者)
ホテル専攻科

経営者としての必要な知識と人脈の宝庫

旅館経営者の要は料理だと思い、実家を継ぐため、料亭で料理人の修行を積んでいました。しかし10年修行をして、自分には旅館経営の知識が不足していることを感じていました。そこで30歳で学校に入るというのは若干の抵抗があったのですが、意を決してYMCAに入学しました。
結論から言うと、このホテル専攻科に入って本当に良かったと思っています。旅館のオペレーションはもちろん、マーケティングプランやファイナンシャルプランなど経営者として必要な知識を身につけることが出来ました。例えば、要員効率について学んだときには実家のオペレーションを研究材料にして仲居さんの動きや1作業あたりに何人投入することが適正なのかなど、リアルに調べたりしました。ここで学んだことは、実家に戻ってからすぐに実践出来ることばかりです。
学校には同じ境遇の仲間や先輩がいあmす。1つ上の先輩に偶然ですが同じ石川県の旅館を継がれている方もいて、そういう人脈が出来たことが最大の財産です。夢は旅館の多店舗化です。ゼミではホテル・旅館の多店舗化についても研究していきます。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]東京YMCA国際ホテル専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局