google an
名古屋栄養専門学校[生徒の声]
新實 幸子 (名古屋学院大学 外国語学部 英米語学科 出身)
食物栄養科

仲間と一緒に 成長していく 心強さが 学びの意欲に!

私の料理経験は、入学してから始まりました。初めて学ぶことの連続で、最初は余裕がまったくなくて…。ですが、同じ志を持った仲間とみんなで成長していく実感が嬉しく、毎日充実しています。私が栄養士になろうと思ったきっかけは、自分のスキンケアや体のために食生活を見直したいと思ったこと。今では、学校で学んだ知識を生かし、自分自身の変化で栄養バランスの大切さを再確認しています。悩みを抱えた人のためにこの経験を役立てていきたいです。

岩田 有加 (愛知県立 岡崎西高等学校 普通科 出身)
食物栄養科

知識と 調理技術を 兼ね備えた 栄養士に!

私が小学生の頃、母が糖尿病に。食事療法が必要になり、食と健康に対して興味を持つようになりました。学校では、栄養士が活躍する現場に基づいた実践的な内容を学ぶことができます。社員食堂の大量調理から、医療現場で生かせる病態ごとの調理、高齢者施設での食事づくりまで幅広く経験。様々な分野で活躍できる力が身に付きました。知識だけの栄養士では現場で活躍できません。おいしい料理を作る確かな調理技術が習得できたことも、この学校のおかげです。

山口 まるみ (立命館大学 文学部 哲学科(現:人文学科) 出身)
食物栄養科

年齢も経歴も さまざまな 学生が集まって 一緒に学ぶ!

以前、一人暮らしをしながら会社勤めをしていましたが、帰宅が夜遅く、体を壊してしまう人が多くいました。この状況を何とかしたいという思いから、食を通して健康を支える仕事をめざそうと。クラスメイトは、高卒の新卒生から、大卒や社会人経験のある既卒生まで幅広い世代がいます。年齢も、経歴も、調理経験の有無もそれぞれですが、だからこその学びや刺激は数え切れないほど。幅広い人間関係を築くことができたことも貴重な経験になりました。

加古 奈央実 (愛知県立 大府東高等学校 普通科 出身)
食物栄養科

分かるまで 親身になって 教えてくれる 先生ばかり!

いつでも親身に教えてくださる先生方が、この学校の自慢です。授業の内容が分かりやすく丁寧なのはもちろん、一人ひとりの質問や相談にもじっくり応えてくださるのがうれしいところ。そのおかげで、覚えることの多い座学の授業も、大変と感じるより、楽しみながら学んでいます。最近では、学んだ知識を、自分と家族の食生活に生かすことができるようになりました。まずは、身近にいる大切な人の健康増進が目標。実践しながらさらに理解を深めています。

井階 倫子(九州大学大学院 統合新領域学府 ユーザー感性学専攻 出身)
食物栄養科

様々な情報が 氾濫する 食の本質を 学ぶために!

最近は、食に関する情報が氾濫して、何を信用していいか分からない状態。きちんと体系的に学びたいと思い、この学校へ入学しました。授業は1年次から奥が深く、ビタミンやたんぱく質などそれぞれの栄養素の役割を知ることができ、栄養計算もマスター。人体の仕組みと栄養の関係性を学ぶ授業などもあり、家族や自分の食事に対する意識も変わりました。将来の夢は、産婦人科の栄養士。女性だからこそ活躍できる場で患者さんを支える存在になりたいです。

鬼頭 沙希 (愛知淑徳大学 コミュニケーション学部 言語コミュニケーション学科 出身)
食物栄養科

自分の努力が 誰かのために なる仕事を するために

在学中、一番印象に残っているのは校外実習です。実習先は、1日1400食を提供する社員食堂。学校で100食調理は経験していましたが、それをはるかに超える食数です。経験の少ない私にできるのは、元気よく笑顔で取り組むこと。調理スピードの違いに驚きながらも、現場の力になれるよう頑張りました。そして、春からこの職場で働きます。昼休みに骨密度検査を実施するなど、社員の健康増進にも取り組む会社です。栄養士として、食事面から皆さんをサポートしていきたいです。

永津 龍志 (名古屋調理師専門学校 衛生専門課程 調理師本科 出身)
食物栄養科

自分自身の 食物アレルギーを きっかけに 栄養士の道へ!

18歳の時に突然発症した卵アレルギー。飲食店で勤務中、自分の認識不足と仕事に対する慣れで発作を起こしてしまったのです。二度と同じ事にならないよう、調理の衛生観念やアレルギーに対する考え方を学びたいと思い、入学しました。外食産業の企業から内定をいただけたのは、自分の体と上手く付き合う知識やスキルを身に付けることができたからこそ。アスリートをめざす小学生を対象にした栄養指導の依頼もあり、自分の力を最大限発揮したいと思います。

本多 麻里 (愛知学院大学 法学部 出身)
食物栄養科

好き嫌いに 悩む人の 食生活を 応援したい!

ちょうど料理を勉強してみたいと思っていた頃、偶然テレビで栄養士という仕事があることを知りました。好き嫌いが多い私は、無理せずおいしく食べられる料理を作りたい。同じ悩みを持つ人のためにも役に立てるのではないかと思い、この学校へ。食材の栄養や効果を学ぶ中で、好き嫌いがあってもバランス良く食べるために工夫することができるように。実習が多い分、調理技術も上達しました。将来は、食品メーカーの商品開発や栄養指導の仕事をめざして頑張ります。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]名古屋栄養専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局