google an
名古屋総合デザイン専門学校[生徒の声]
富田 裕香
インテリアデザイン科 1年

ステップアップしている実感がやる気を倍に!

将来の夢は、インテリアコーディネーター!
入学するまでは、パソコンを触ることにも不慣れで、インテリアの知識もありませんでした。でも、基礎からしっかり学べるので心配はいりません。製図の授業では、線の引き方や定規の使い方から、Macの授業では、電源を入れるところから丁寧に教えてもらえます。私自身も、楽しみながら勉強することができました。今では、デッサンもマスターして、立体的な表現ができるように。どんどんスキルアップして成長しているのを実感できるのがうれしいです。

金井 杏莉
グラフィックデザイン科 1年

基礎を固めることが、表現力を広げる結果に!

将来の夢は、グラフィックデザイナー!
絵を描くことや雑貨が好きで、名古屋総合デザインに入学しました。最初の1年は、とにかく基礎の勉強に集中できます。デザインの仕事には欠かせないパソコンは操作方法から学んだり、様々なタイプの画材に触れたり。初歩的なことから順に教えてもらえるので、安心して学ぶことができました。5時限目のセンスアップタイム(→P37)には、空間デザインや似顔絵にも挑戦。表現力もグンと広がったと思います。次の1年も幅広く学んで自分の感性を磨きたいです。

佐藤 菜保 (愛知教育大学 出身)
グラフィックデザイン科 1 年

絶対にデザインの仕事をしたいから、実践的な技術を学びにきました。

【今一番力を入れている事】
放課後のオープン講座で学べる「似顔絵塾」やフィギュア制作がすごく楽しい! 幅広い内容を自由に学べるのは、すごくいいですね。クリエイターズマーケットや企業主催のイベントとか、自分の作品を一般のお客さんに提供する機会も多く、広く社会とかかわるなかで自分の力を伸ばしていけるのがいいな、と思っています。
【将来の目標】
とにかくデザインにかかわる仕事がしたいんです。4年制大学で美術・造形について学んだのですが、より実践的なデザイン技術を身につけたくて、もう2年勉強しようと決めました。今ではデザインについて学ぶのが楽しくて仕方がありません。絶対にデザインを仕事にして、学んだことを社会で生かしていきたいと思っています。
【学校選びのポイント】
デザインについて、狭い領域にとらわれず実践的に学ぶことができ、広く社会とのかかわりをもつなかで自分の力を磨けることが魅力でした。また、学校の柔らかい雰囲気が、マイペースな私にぴったりだと思いました。
【後輩へのアドバイス】
将来デザイン関係への道に絶対に進みたいと考える人にとっては、申し分ない環境の学校だと実感しています。すばらしい先生方やさまざまな施設をどんどん利用して、いっぱい刺激的な経験をしてみてください。

渡辺 真帆
グラフィックデザイン科 2010年入学

授業を受けるうちに、やりたいことが定まるはず。進路は入学してから決めても遅くない!

絵を描くのが好きなので、グラフィック関係の仕事に就きたいと思い、その可能性を広げるためにNSCを選びました。自宅から通える距離、決められたコースがなく、いろんな授業を選べることが決め手。また先生たちが、現役のプロであることも大きかったですね。授業でMACを学べたのが良かったです。というのも、これまでWindowsしか触ったことがなかったから。IllustratorやPhotoshopなどのスキルも身についたし、デッサンの授業を受け、画力も上がったと思います。
NSCはいろいろな分野を幅広く学べるところがいちばん。「○○になりたい」と決まってない人でも、いろんな授業を受けるうちに自分のやりたいことが定まってくると思います。何になりたいかは、入学してから決めても遅くないと思いますよ。
新しい何かに挑戦したい。
当たり前のことですが、まずはしっかりと仕事を覚え、一人前になることが第一の目標。仕事がひと通りこなせるようになったら、資格取得をはじめとした新しい何かに挑戦したい。就職しても、自分の好きなことをやり通せるようにしたいですね。

清水 昂喜
インテリアデザイン科 2010年入学

好きなことを仕事にしたいなら、迷わずその道に進んでほしい。

高校生の頃から空間デザインに興味がありましたが、大学に進学。大学卒業後は就職せず、1年間フリーター生活をしました。でも「やっぱり自分の好きことを仕事にしよう」と決心。そのためにはまず専門学校に入ることだと思い、総合的な観点からNSCを選びました。授業はどれも楽しく、いろいろな授業を通して感性を鍛えられたと思いますね。自分の好きなものを見つけて、とことん追求できるのがNSCの良いところじゃないかな、と。
好きなことを仕事にしたいと思っている人は、迷わずその道に進んでほしいと思います。決断は勇気がいりますが、その先には自分の人生の道標になるような人との出会いがあるかもしれません。自分も良い先生に出会い、大きな影響を受けましたから。
将来は造形作家に。
就職してようやくスタートラインに立った気分です。まずはたくさん仕事をして経験積み、ノウハウを吸収して一人前になることが目標。将来は造形作家、空間作家になれたらいいな、と思っています。これから仕事をしていくなかで、変わっていくかもしれないですけどね。

臼井 貴義
グラフィックデザイン科 2010年入学

考えるより行動! 自分が動けば、周りも変わる!

商社で倉庫管理の仕事をしていました。しかし、デザイナーへのあこがれは消えず、デザイナーになる方法を考えていました。サラリーマンをしながら色彩検定の勉強をしたり、お金を貯めて専門学校に通う準備もしました。
NSCは先生が現役のプロばかりなので、リアルな授業が受けられると思ったし、デザインバイキングも魅力的でしたね。入学してからは似顔絵をたくさん描きました。仕事とはあまり関係ないけど、それによって人脈が広がりました。学校の授業も大事ですが、活動範囲を学校の外まで広げることも大事だと思いますよ。
夢を叶えたいと思っているけど、悩んでいる人がいたら「考えるより行動!」と助言したいです。自分が動けば、自然と周りも変わってくるものですよ。
NSCの先生に!
自分のデザインしたポスターや広告が街頭や電車の中吊りになって、それを自分の目で見るのが夢。その瞬間、きっと「デザイナーやってて良かった!」と思えるはずだから。ゆくゆくはNSCの先生になって、自分の知識や経験を教えたいとも思っています。

藤川 実花
インテリアデザイン科 2010年入学

「いまやらないと、いつまでもやれない!」後悔のない人生を送ろう。

高校のときから色に興味があり、色彩関係の勉強をしていました。社会人になり、ごく普通に働いていたものの、やはり好きな色彩を活かした仕事がしたいと思うようになりました。そして、その想いを叶えるため、NSCに入学することを決断。NSCでは店舗デザインの授業が印象に残っています。企画からデザイン、プレゼンまで一貫して学べたところが良かったですね。その他の授業もどれも新鮮で楽しかった。社会人のときの自分より、いきいきとしているのが自分でもわかったくらいです。
もし夢を叶えたいと思っている人がいたら「いまやらないと、いつまでもやれないよ」と背中を押してあげたいです。一度きりの自分の人生。後悔しないように歩んでほしいと思います。
お客さま第一主義で仕事をする。
新たに就職するのは、オーダーシステムキッチンを扱う会社。お客さまのニーズを叶えるだけでなく、お客さまがさらに喜んでいただけるような提案をしていきたいです。NSCで学んだことを活かし、お客さま第一主義で仕事に取り組もうと思っています。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /生徒の声 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局