google an
広島医療保健専門学校[学部・学科]
学科 理学療法学科
(4年・男女)
理学療法士とは病気や事故により身体に障害を持つ人に対して、科学的な理論に基づいて動作能力の回復を促し、社会復帰を援助する専門家。本学科の基礎科目で解剖学、生理学、運動学、病理学、整形外科学、神経内科学など医学知識を構築することが、4 年間の学習を支えるすべての基礎となる。幼児から高齢者までを対象とする守備範囲の広さから、小児科学や人間発達学も不可欠であり、同様に精神医学や臨床心理学の学習も重要となる。
これらの医学知識をベースに理学療法を指導・実践するためには、リハビリを含めた理学療法の高度な知識と、各種の療法を指導できる技術の習得も不可欠である。また運動機能の回復に重要な役目を成す義肢・装具に対するカリキュラムでも広範囲の知識を養い、これらの補助具を製作する技能指導にも時間をさいている。
学んだ知識や技術を実践する機会として、臨床実習の果たす役割は大きく、患者様とのふれあいを通じて異世代コミュニケーションやこれまでの学習成果を確認できるまたとない好機である。

※2013年4月より、グループ校である「広島都市学園大学」に移行、設置予定構想中です。
資料請求いただくと本校ならびに広島都市学園大学より資料が届きます。
学科 作業療法学科
(4年・男女)
作業療法士とは、精神または身体に障害を持つ人に対して、科学的な知識に基づいたさまざまな作業活動を指導し、身体機能の回復や社会生活での不自由を軽減させる専門家。そのため、解剖学的な身体に関する医学知識は不可欠である。また作業療法では身体の障害だけではなく、精神活動の障害も治療の対象となる。その実践には臨床心理学や精神医学、人間発達学やコミュニケーションに関する知識も要求される。
また、一人ひとりに適した療法を実施するだけではなく、グループでの共同作業などを通じて、職場や社会への復帰を促すことも作業療法の重要な課題である。患者様の障害の状況や適性を判断したうえで、最適の療法を指導するためには、幾多ある療法の内容や効果を十分に理解しておかなければならない。そこで作業療法概論と評価法、技術論、作業治療学総論および各論を詳細に学び、それを臨床実習で実践して成果を確かめてゆくことで、それぞれの作業療法についての理解を深めていく。

※2013年4月より、グループ校である「広島都市学園大学」に移行、設置予定構想中です。
資料請求いただくと本校ならびに広島都市学園大学より資料が届きます。
学科 保育介護福祉学科
(3年・男女)
夫婦共働きが一般化し、シングルマザーが増えつつある現在、安心して子どもを預けられる保育所や幼稚園へのニーズは高く、保育士や幼稚園教諭の需要は高まる一方である。また、そんな時代の流れを受け、多様な保育ニーズが生まれ、保育所以外の児童福祉施設や福祉関連企業、小児科病棟の長期入院児のための病院勤務など、幅広い分野への活躍も盛ん。そんな時代のニーズに応え2005年4月に「保育介護福祉学科」を設置した。本学科では保育と介護の両面からアプローチし、専門知識と技術を習得していく。また、優しさや強さなど人間性も育み、将来は働く女性やその子ども、障害者、高齢者やその家族をサポートする人材を育成する。
卒業と同時に「介護福祉士」の受験資格取得と、短期大学通信教育部・保育学科併修により「保育士・幼稚園教諭二種」の資格取得が可能。
基本情報 / 詳細・所在地
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]広島医療保健専門学校の情報(就職先・評判・資格・学費・偏差値)なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局