google an
中央歯科衛生士調理製菓専門学校[先輩の声]
藤澤 毅徳
2009:卒業
「夢」が叶う専門学校!憧れの一流ホテルに就職できました!

Q:中央歯科衛生士調理製菓専門学校(調理経営学科)に入学したきっかけは?

A:高校時代にジャムやパンの製造、調理実習、コンテスト作品の作成などをしているうちに、調理をすることの楽しさを知りました。
田方農業高校から毎年何人も入学していることも知っていましたし、就職率が大変良いことも知っていましたが、何よりこの学校を選んだ決め手は、他校と異なる「教育理念」「少人数制」「きめ細やかな指導」でした。

Q:中央歯科衛生士調理製菓専門学校(調理経営学科)でどんなことを学びましたか?

A:まずは、現場で一番大切な「規律」「挨拶」「身だしなみ」を教わりました。
「サービス業」で働く新入社員に一番必要なのは、この3つです。
また、校外研修やインターンシップなどでは、「マナー」や「返事の大切さ」、「現場の雰囲気」を知ることができました。
そして、常に少人数制の調理実習なので、調理製菓の技術と知識を徹底的に教え込まれ、身につけることができました。
今では、学んだ全てが現場で活かされており、この学校を選んでよかったと改めて思っています。

Q:現在の仕事は?

A:宴会調理の部門に所属しています。
毎週大きな宴会や婚礼が行われていて、大量の食材の管理や仕込みに日々追われています。
ホテルでは1年経つごとに与えられる仕事が進化していき、さらに必ず新入社員が入ってくるので、すぐに「先輩」をやらなければなりませんが、毎日充実した日々を送っています。
もちろん料理長(シェフ)になるという大きな夢もありますが、今は目の前にある仕事を1つ1つこなしていこうと思います。

基本情報 / 学部・学科 / 詳細・所在地 /先輩の声
情報は学校ガイドから配信されています。
[PR]中央歯科衛生士調理製菓専門学校の口コミ・評判なら進学ナビ
上へ |下へ
 一覧に戻る
トップに戻る
生理日予測 無料
基礎体温表 無料
基礎体温グラフ 無料
ダイエット記録 無料
お問合わせ
(C)ユーサイドウーマン運営事務局